WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)はどっちがおすすめ?

PR

こんにちは!Webマーケターのエラマサキです。

「WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)の違いって何?」
「WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)はどっちがおすすめ?」

この記事ではそんな疑問に答えます。

僕はWebディレクター→Webマーケターと転職してきて、Webエンジニアと身近に仕事をすることが多いです。

Webエンジニア仲間の話も踏まえてお話しできればと思います。

WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)の違い

まずはWebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)の違いについて説明します。

ざっくり言うと、WebマーケターはWebサイト/Webサービスに集客する・売上を上げるための施策を行う仕事、Webエンジニア(プログラミング)はWebサイト/Webサービスを作る仕事です。

  • Webマーケター:Webサイト/Webサービスに集客する・売上を上げるための施策を行う仕事
  • Webエンジニア:Webサイト/Webサービスを作る仕事

Webマーケターの仕事内容

WebマーケターはWebサイト・Webサービスへの集客、売上を上げるための施策を行う仕事です。

代表的な施策として、SEO対策、Web広告運用、SNS運用、LP制作、サイト改善、メールマーケティングなどがあります。

  • SEO対策
  • Web広告運用
  • SNS運用
  • LP制作
  • サイト改善
  • メールマーケティング など

Webサイト制作・Webシステム開発とWebマーケティングはセットのため、WebマーケターはWebディレクター率いるWeb制作チームと一緒に仕事を進めることが多いです。

Webエンジニア(プログラミング)の仕事内容

WebエンジニアはWebサイト・Webサービス(Webシステム)を構築する仕事です。

  • Webサイト制作
  • Webアプリケーション開発

WebエンジニアはWebディレクター、Webデザイナーとプロジェクトチームを組み、クライアント/自社の要望を叶える要件定義・開発・テスト・公開までを行います。

  • 要件定義
  • 開発(プログラミング)
  • テスト(デバッグ)
  • サイト公開/サービス公開

WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)の年収の違い

WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)の年収を比較すると、Webマーケターの方が高いです。

  • Webマーケターの平均年収:466万円
  • Webエンジニアの平均年収:413万円
  • 全職種の平均年収:403万円

※doda平均年収ランキング2021年度版より

Webマーケターの年収は低い?稼げない?2023年の最新データで紹介
現役Webマーケターが、最新のdoda平均年収ランキングから、Webマーケターの平均年収を色んな角度から比較&まとめました。

Webマーケター・Webエンジニア(プログラミング)の就職・転職難易度はどっちが高い?

Webエンジニア(プログラミング)は第一にプログラミング適性があること、また、実務スキルが求められる点で難易度が高いです。

Webマーケターについては、誰でもなれる訳ではありませんが、ブログやSNSの運用経験とちょっとした成果を出せれば就職・転職できるため、難易度はWebエンジニアよりも低いと言えます。

就職・転職するまでの学習時間の目安

Webマーケター、Webエンジニアそれぞれの学習時間の目安で見ても、Webエンジニアの方が難易度が高いです。

  • Webマーケターの学習時間の目安:160時間~200時間
  • Webエンジニアの学習時間の目安:300時間

※テックアカデミー「Webマーケティングコース」「エンジニア転職保証コース」より

Webマーケター・Webエンジニア(プログラミング)になる方法の違い

Webマーケター・Webエンジニア(プログラミング)には、それぞれ完全未経験からなる方法、そして、以下の就職・転職ルートが一般的です。

  • Webマーケターになる方法:完全未経験、Webライター、広告営業、その他Web系専門職、異業種の営業職 など
  • Webエンジニア(プログラミング)になる方法:完全未経験、Webデザイナー、その他Web系専門職 など

未経験からWebマーケターになる方法はこちら。

Webマーケターになるには?未経験からの転職ロードマップ
現役Webマーケターの管理人が、未経験からWebマーケターになるにはどうしたらいいのか?をロードマップ形式で解説します。

Webマーケター・Webエンジニア(プログラミング)に向いている人の違い

Webマーケターに向いている人は戦略家な人、Webエンジニア(プログラミング)に向いているのは職人気質がある人です。

  • Webマーケターに向いている人:論理的思考力が高い、人の心理行動に興味がある、戦略を練るのが好き
  • Webエンジニア(プログラミング)に向いている人:プログラミングが好き、完成するまで諦めない人、こだわりが強い人
Webマーケティングに向いてる人の7つの特徴!適性診断のおすすめも紹介
現役Webマーケターの管理人が、Webマーケティングに向いてる人と向いていない人の特徴、おすすめ適性診断を紹介します。

WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)はどっちがおすすめ?

WebマーケターとWebエンジニア(プログラミング)はどっちがおすすめか?ですが、未経験から始めるなら、基本的に興味のある方から始めれば良いです。

  • プログラミングに興味がある → Webエンジニアから始める
  • Webマーケティングに興味がある → Webマーケターから始める

どちらから始めたらいいか迷っている人は、学習ハードルの低いWebマーケターから始めることをおすすめします。
Webマーケターの仕事になるSEO対策や広告運用やSNSは個人ブログや個人SNSの延長。
きっかけとして始めやすいはずです。

そして、ゆくゆくはWebマーケティングもプログラミングもできる存在を目指してください。

Webマーケター×プログラミングは現代において最強だからです。
「Webサービスを実現できる技術力」+「Webで集客・売上を上げられるスキル」があればどこにいっても通用します!

進路に迷っている方は、まずは適職診断してみると良いです。
おすすめはミイダスで、自分に向いている仕事が10段階評価からわかります。

ミイダス(無料)

また、あわせてWebマーケターやWebエンジニア(プログラミング)で働く友人に詳しく話を聞いたり、転職のプロである転職エージェントに相談してみるといいです。
以下の記事に僕のおすすめ転職エージェントをまとめていますので、よければ転職エージェント選びの参考にしてください。

Webマーケティング転職におすすめなサイト&エージェント4選をランキングで紹介
現役Webマーケターの管理人が、未経験Webマーケティング転職におすすめな転職エージェントと転職サイトを紹介します。