PR

転職回数が多い人でも即採用される7つの理由

「転職回数が多いので、面接で受からない・・・」「転職回数が多くても採用される人の特徴って何?」そう悩んでいませんか?

結論。「そもそも転職回数を気にしない会社」「市場価値の高いスキルがある」「成果がある」「リファラル採用やコネ入社」「社歴が多いことが評価される」「転職理由に一貫性がある」「人柄が良い」のどれかに当てはまる人は転職回数が多くても即採用されます。

今回は5回転職した僕が、転職回数が多い人でも即採用される7つの理由について詳しく解説します。

転職回数が多い人でも即採用される理由

1. そもそも転職回数を気にしない会社

そもそも転職回数を気にしない会社の場合、転職回数が多くても即採用されます。

転職回数を気にしない会社とは、「スキル・経験重視の会社」か「人手不足の会社」です。

転職回数を気にしない業界・職種の一覧を以下の記事にまとめているので、あわせてご確認ください。

転職回数を気にしない業界・職種には何がある?僕のおすすめも紹介
5回転職した管理人が、転職回数を気にしない業界・職種を実体験を元に徹底まとめ。おすすめの選び方も紹介します。

2. 市場価値の高いスキルがある

市場価値の高いスキルがあれば、転職回数が多くても即採用されます。

市場価値の高いスキルとは、その業界や職種でニーズが高いスキルのこと。

市場価値の高いスキルの一例として、人事、経理、法務、法人営業、プログラミング、Webデザイン、映像制作などの高度な専門スキルや、管理職経験、プロジェクトリーダー経験などのマネジメントスキルです。

3. 成果がある

応募企業に活かせる成果があるなら、転職回数が多くても即採用されます。

たとえば、営業職として売上目標を達成した経験、人事として採用目標人数を達成した経験、ITエンジニアとして自ら手を動かして開発した経験、部下のマネジメントや外注先の受発注・進行管理の経験などがあります。

評価される成果は応募する業界や職種で変わりますので、応募先に響く成果をアピールできないか、よく考えましょう。

4. リファラル採用やコネ入社

リファラル採用やコネ入社なら、転職回数が多くても即採用されます。

なぜなら、これらの採用方法は特別な採用ルートだから。

ぶっちゃけ経歴とかスキルよりも、誰の紹介か、誰の知り合いか、が重視されます。
紹介者がその会社の中で偉い人であればあるほど採用される可能性も高い。

僕自身も30代になってから、4回目と5回目の2回の転職でリファラル転職しました。
リファラル転職の具体的なやり方については以下の記事に書きましたので、合わせて見てください。

リファラル採用は受かりやすい!2回リファラル転職した僕がやり方を解説
2回リファラル転職した管理人が、リファラル転職体験談と、メリットとデメリット、具体的なやり方を解説します。

5. 社歴が多いことが評価される

意外かもしれないですが、経験社数が多いことが評価されるケースがあります。

これは業界柄と社風によりますが、たとえば僕がいる人材業界では、「人のキャリアや人生に関わる仕事」なので、転職経験や色んな会社で働いた経験があるとプラスになります。
むしろ、転職経験がない人や人生経験が浅い人が人にキャリアのアドバイスはできない、とされる業界です。

また、実力主義のIT業界では、何ができるのか?が重要なため、これまでに開発したプロダクトの内容や役割、本数、参画したプロジェクトの数などが評価対象になります。

6. 転職理由に一貫性がある

転職理由に一貫性があれば、転職回数が多くても即採用されます。

スキルアップのためや、キャリアアップのためなど、上昇志向で、一貫した目的を持って転職をしている人はプラスに評価されます。

ただ、いくら一貫性があるとはいっても、短期離職を繰り返していたり、給料や待遇面の改善などを強く打ち出すと会社によっては減点されてしまうので注意しましょう。

7. 人柄が良い

人間的に人柄が良いと転職回数が多くても即採用されます。

職歴やスキルも大事ですが、それよりも人間性を高く評価する社風の会社でよくあるケースです。

所詮、企業といっても人の集まりなので、明るく雰囲気が良い、人間的にポジティブ、笑顔が絶えない、ユーモアがある、誠実、信頼できそうなど、人柄が良いと大きくプラス評価されます。

転職回数が多い人のための転職術

1. 自分に向いている仕事から選ぶ

基本ですが、自分に向いている仕事から選ぶとスキルアップしやすく、成果を上げやすくなります。
転職回数が多い人は、転職ではスキルと実績のアピールがマストになるので、なおさら、自分の適職を選ぶ必要があります。

「あなたは自分に向いている仕事が何か知っていますか?」
「逆に、自分に向いていない仕事が何かも知っていますか?」

この問いにちょっとでも悩むようなら、自分の適職が分かっていない可能性があります。
特に、転職回数が多い理由が、「やってみたら違った」「自分に合っていなかった」ということが多いなら、仕事選びで失敗しないために、自分の適職をしっかり把握しておいたほうがいいです。

自分に向いている仕事を知るには適職診断を受けるのが手っ取り早くておすすめです。
適職診断には、全147職種から自分に向いている仕事と向いていない仕事が10段階で分かるミイダスのコンピテンシー診断が僕のイチオシです。

ミイダス

ミイダスのコンピテンシー診断は当たる?結論:超当たる
5回転職した管理人が、ミイダスのコンピテンシー診断を実際に受けた結果と、メリット・デメリットを詳しく紹介します。

2. 市場価値の高いスキルを身につける

転職回数が多い人は、転職活動ではスキルのアピールがマストです。

そのため、日頃から、専門スキルと汎用スキルの習得を意識して過ごすことが重要です。

1. 特定の業界・職種に活かせる専門スキル(例:デザイン、プログラミング、保険商品の知識等)
2. どの業界・職種でも必要な汎用スキル(例:営業、マネジメント、マーケティング等)

未経験の職種に転職する場合は、事前に応募職種に必要な基礎知識や基本の実務スキルを調べて、身につけることが重要です。

3. 転職エージェントやスカウト経由で応募する

転職回数が多い人は、転職エージェントやスカウト経由で応募した方が有利です。

転職サイトや企業のホームページなどから正面を切って応募すると、応募者数が多いため、単純に「転職回数」だけ見られて書類選考で落とされる可能性が高いです。

なので、転職エージェント経由で推薦状をつけてもらって応募したり、スカウトサイトで面接確約オファーをもらって選考を進めたほうが断然有利に進めることができます。

僕のおすすめ転職エージェントや転職サイトは以下にまとめています。

20代30代で使って良かった転職サイト・転職エージェントのおすすめ8選
5回転職した管理人が20代30代で使って良かった転職サイトと転職エージェントのおすすめベスト8を紹介します。

ブラック企業は回避せよ!

休みが少ない、勤続年数が短い、サービス残業が多いなど、ブラック企業に入社して社歴を不本意に増やすのは絶対避けたいところ。

トントン拍子に内定が出るようなら、すぐに入社を決めるのではなく、ブラック企業じゃないか、少し立ち止まって考えてみましょう。

ブラック企業を未然に避けるためにも、ブラック企業の特徴を把握しておくことが重要です。
ブラック企業の多くは求人票と面接で見分けられるので、以下の記事を参考にブラック企業を除外しましょう。

やばい求人の10個の見分け方!こんな求人票は要注意
ブラック企業2社を経験した管理人が、やばい求人の見分け方を10個紹介します。
10個の面接でやばい会社・ブラック企業の見分け方
5回転職した管理人が、面接でやばい会社・ブラック企業を見分ける方法を10個紹介します。

まとめ:ポイントを押さえれば転職回数が多くても即採用される!

結論。「そもそも転職回数を気にしない会社」「市場価値の高いスキルがある」「成果がある」「リファラル採用やコネ入社」「社歴が多いことが評価される」「転職理由に一貫性がある」「人柄が良い」のどれかに当てはまる人は転職回数が多くても即採用されます。

よければ5回転職した僕のエピソードもどうぞ。

転職回数多い=人生終わりじゃない!僕は5回転職したから天職に就けた
5回転職して天職に出会えた管理人が、転職回数が多い=人生終わりじゃない理由と、転職回数が多い人のための転職のコツを紹介します。

キャリアに迷った時にはミイダスのコンピテンシー診断を受けてみるといいです。自分の適職、向いてる職場が分かるので、仕事選びで悩むことはなくなるはずです。

この記事を書いた人
マサキ

人材会社で働く4年目マーケター。新卒で倍率300倍超えの大手食品メーカーに入社するも配属ガチャでハズレを引き退社。その後、ブラック企業2社で事務→人材会社の営業→客先常駐Webディレクター→人材会社のマーケターと5回転職。利用した転職エージェントは10社以上。ハロワ転職、リファラル転職も経験あり。育休取得済。埼玉県在住の36歳男子。嫁と1児と猫2匹と暮らしています。

転職ノウハウ