Web業界の職種一覧!未経験ならどの職種から始めればいい?

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

Web業界の職種一覧!未経験ならどの職種から始めればいい?

スポンサーリンク

結論:Web業界の職種一覧!未経験ならどの職種から始めればいい?

Web業界の主な職種一覧は次の通りです。

  • Webデザイナー
  • Webエンジニア(フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア)
  • Webライター
  • Webディレクター
  • Webプロデューサー
  • Webプランナー
  • Webマーケター・Webコンサルタント

未経験から始めるなら、「自分の興味」に合わせて以下の4つの中から選ぶのがオススメです。

  • Webデザイナー …デザインに興味がある人
  • Webエンジニア …プログラミングに興味がある人
  • Webライター …文章を書くのが好きな人
  • Webディレクター …チームを率いてプロジェクトをこなしたい人

年収重視で選ぶならWebエンジニア、もしくはWebディレクターを選ぶと良いと思います。

それぞれ詳しく紹介します。

スポンサーリンク

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事はWebサイトのデザインをすること。

PhotoshopやIllustrator、Adobe XDなどのソフトを使ってWebサイトやWebサービスのデザイン、バナーなどを作ります。

デザインといってもいわゆるアート・芸術的なデザインを作ることは少なく、ユーザーの使いやすさを考えたUI・UXデザインを作ることが大多数です。

また、最近ではデザインに加えてWebサイトのコーディング(フロントエンド)まで任されることが多いです。

HTMLやCSSを使ってWebサイトをコーディング、スマホレスポンシブル対応、JavaScriptを一から書く必要はないですがjQueryやBootstrapなどのライブラリやフレームワークを使ってWebサイトに動きをつけることなどが求められます。

※Webサイトの構築はコーダー・フロントエンドエンジニアの仕事のイメージが強いですが最近ではWebデザイナーに求められることが多いです。

さらに、現在のWebサイト構築の仕方はHTMLやCSSを一から書くというよりも、WordPressやMovable typeなどのCMSを使う方法が主流です。

そのため、それらの知識や実装、カスタマイズができるなどのスキルがあるとさらに活躍の場が広がります。

なので、Webデザイナーを目指している方はWebサイトの構築までできるようにすることを目標にしましょう。

スポンサーリンク

Webエンジニア(フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア)

Webエンジニアはフロントエンジニアとバックエンドエンジニアの2つに分かれます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアはユーザーの目に見えるブラウザ側のプログラミングをする仕事。

HTMLやCSS、JavaScriptでWebサイトを構築すること、問い合わせフォームや検索機能の実装などプログラミングに関するものがあります。

HTMLやCSSで静的なWebサイトを構築する仕事の場合はコーダーとも呼ばれます。

バックエンド側とのデータの受け渡しを設計することも多く、バックエンドとの明確な線引はありません。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアはユーザーが目に見えないサーバー側のプログラミングをする仕事。

PHPやRuby、Java、Pythonなどの言語を使用して、ECサイト、会員管理システム、人事労務・給与計算システムなどのデータベースと連動したプログラムを作ります。

フロントエンド側とのデータの受け渡し部分を設計することも多く、フロントエンドとの明確な線引はありません。

スポンサーリンク

Webライター

Webライターの仕事は情報メディアや企業サイト、LPなどの原稿を作ること。

単に文章を書くだけではなく、売るための文章(セールスライティング)や、SEOに強い文章を書くスキルが求められます。

また、社員インタビューや現地取材などを併せて行うことも多いです。

  • セールスライティング
  • SEOライティング
  • インタビューや現地取材

会社員のWebライターもいますが、フリーランスとしてWebライターをしている人も多いです。

スポンサーリンク

Webディレクター

Webディレクターの仕事はWeb制作の現場監督。

WebデザイナーやWebエンジニアを指揮して、クライアントの目的に合ったWebサイト・Webサービスなどを作り上げる仕事です。

Webディレクターの仕事範囲は企画・デザイン・Web構築・マーケティングなど多岐に渡り、会社によって担当範囲が異なります。

通常WebデザイナーやWebエンジニアからキャリアアップしてWebディレクターになるのが一般的ですが、未経験でも始めることができる職種です。

未経験の場合はWebディレクターアシスタント(アシスタントディレクター)としてWebディレクターの下で実務を覚えていきます。

スポンサーリンク

Webプロデューサー

Webプロデューサーの仕事は企画やプロジェクト管理をすること。

Webプロデューサーは中規模〜大規模案件で配置されることが多いです。
小規模〜中規模案件ではWebディレクターが掛け持ちします。

Webディレクターと似ていますが、Webプロデューサーはより企画・プロジェクト管理に特化した仕事を行います。

Webプロデューサーが企画やプロジェクト全体の管理を行い、個別の案件の実制作はWebディレクターが担当するといったように棲み分けしていることが多いです。

  • Webプロデューサー:企画・プロジェクト管理
  • Webディレクター:実制作

WebディレクターからWebプロデューサーになるキャリアパスが多いです。

スポンサーリンク

Webプランナー

Webプランナーの仕事はWebサイトの企画・設計を作ること。

クライアントの目的にあったWebサイトコンセプトを考えたり、サイトマップ、動線設計、運用方針などのWebプランニングを行います。

Webプランナーというポジションがあるのは大型案件のとき。

WebプロデューサーやWebディレクターとともにプロジェクトチームを作る場合が多いです。

小規模〜中規模のプロジェクトであればWebディレクターがWebプランニングまで担当するのが一般的です。

スポンサーリンク

Webマーケター・Webコンサルタント

Webマーケター・Webコンサルタントはクライアントの売上・集客に貢献する仕事。

  • アクセス解析
  • SEO対策
  • A/Bテスト
  • EFO(問い合わせフォームの最適化)
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • SNS運用
  • リスティング広告、ディスプレイ広告
  • SNS広告

など、現状分析・効果測定から改善提案をして各種施策を実行していきます。

マーケティングやサイト分析に関する専門知識、論理的思考力、根拠を示せることなどのスキルが必要な仕事です。

スポンサーリンク

未経験から始めるならどのWeb職種から始めればいいのか?

未経験から始める場合、「自分の興味がある職種」から始めるといいです。

とはいえいきなり難易度の高い職種につくことは難しいので、まずは次のいずれかの職種から始めるといいです!

  • Webデザイナー
  • Webエンジニア(フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア)
  • Webライター
  • Webディレクター(Webディレクターアシスタント)

Web業界の仕事はデザインにしてもWeb構築にしても実力主義。
成果物がモノを言います。

独学でもWeb制作に関するスキルやマーケティングに関するスキルなどを身につけておくと実務に活かせるだけでなく、キャリアアップ時も有利です。

日々コツコツとスキルアップしていきましょう!

未経験からWeb業界へ転職したい人はこちらの記事をぜひご覧ください。

未経験からWeb業界への転職を目指しているあなたに伝えたいこと