ESTPの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約3分で読めます。

MBTIでESTPタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ESTPに向いている仕事

ESTPタイプの人は、チームワークが必要な仕事、問題解決やリーダーシップなど即座の行動が求められる仕事、手を動かして何かを作る仕事、臨機応変さやストレス耐性を活かせる仕事が向いていると言われています。

エンジニア

手を使って物を作ることが好きで、問題解決能力が高いESTPにとって、エンジニアの仕事は向いています。

建設業

建築現場での作業や施工管理など、現場スキルが必要な仕事はESTPに向いています。

ファイナンシャルトレーダー

リスクを取ることに恐れがなく、即座の判断力があるESTPは、金融取引に向いている可能性が高いです。

営業

自信と説得力に溢れ、人とのコミュニケーションが得意なESTPは、営業職で力を発揮できます。

スポーツコーチ

競技やトレーニングをリードすることが好きなESTPは、スポーツコーチとしてチームを成功に導くことができます。

警察官、消防士

ストレスの多い状況でも冷静さを保ち、即座の行動が求められる職業はESTPに適しています。

アクション俳優

舞台や映画でのアクションシーンなどは、ESTPの行動的な性格にマッチし、自己表現の場となります。

航空機パイロット

リスクを取ることに抵抗がなく、高圧的な状況でも冷静さを保てるESTPは、航空機パイロットとして適しています。

イベントプランナー

多くのディテールを把握し、即座の対応が求められるイベント業界は、ESTPの能力を活かせる可能性が高いです。

起業家

リスクを取り、新しいアイデアを実行することが好きなESTPは、起業家に向いている可能性が高いです。

ESTPに向いていない仕事

ESTPタイプの人は、単調なルーチンワーク、長期的な計画と戦略立案、厳格な規律やルールに縛られる仕事、非対面のコミュニケーションが主体の仕事に向いていないと言われています。

税理士

細かなデータや文書処理が多く、単調な作業が多いため、ESTPの行動的な性格とは相性が悪い可能性があります。

研究者、学者

長期間にわたる緻密な研究や集中力を要する学術的な仕事は、ESTPの即座の行動志向とは合わないかもしれません。

ITのテクニカルサポート

複雑な技術的な問題解決が求められる職種は、ESTPが興味を持つのは難しいかもしれません。

カウンセラー、セラピスト

エモーショナルなサポートや長時間の傾聴が必要な仕事は、ESTPの行動的な性格とは相性が悪い可能性があります。

製薬会社の研究員

詳細な実験や慎重なデータ解析が必要な仕事は、ESTPの即座の行動志向とは相性が悪い可能性があります。