ESFPの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約3分で読めます。

MBTIでESFPタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ESFPに向いている仕事

ESFPタイプの人は、社交性を活かせる仕事、活動的な仕事、適応力が求められる仕事、他人の感情を理解し励ます仕事などが向いていると言われています。

営業

ESFPは社交的な性格とコミュニケーション能力を活かして顧客との関係を築くことができます。また、臨機応変さや行動力が成果につながります。セールスプロモーター

イベントプランナー

ESFPは柔軟性と創造性を活かして、イベントの企画や実行を行うことができます。新しいアイデアを取り入れ演出を作り出すことができます。

パフォーマー、エンターテイナー

ESFPはパフォーマンスやエンターテイメントの分野で、自身の才能や表現力を発揮することができます。

教育者

ESFPは学生や他の学習者との関わりを楽しみながら、学生の感情を理解しサポートでき、新しい知識やスキルを教えることができます。

カスタマーサービス担当者

ESFPは顧客との関係構築や問題解決において、感情に対する理解とコミュニケーション能力、臨機応変さや柔軟性を活かせます。

リクルーター、人事担当者

ESFPは候補者との面接や人材採用プロセスで、コミュニケーション能力や人間関係構築能力を活かして働けます。

旅行代理店スタッフ

ESFPは旅行業界で、新しい場所や文化に触れることに興味を持ちながら、顧客との関係構築や旅程の企画立案力を発揮できます。

イベントコーディネーター

ESFPは柔軟性やクリエイティビティを活かして、イベントの企画や実行を行うことができます。

フィットネストレーナー

ESFPは人々との関わりを楽しみながら、健康やフィットネスの目標をサポートすることができます。

ESFPに向いていない仕事

ESFPタイプの人は、単調な仕事、ルーチンワークが多い仕事、孤立して作業する必要がある仕事、ストレス度が高い仕事、小さなディテールや複雑な情報処理をする仕事、厳格な規律やルールに縛られる仕事には向いていないと言われています。

会計士

詳細な数字やデータ処理、単調な作業や孤独な環境での仕事が多いため、ESFPの特性とは合いません。

会計監査人

詳細な会計データの分析や監査作業が必要なため、また、孤独な環境やストレスレベルが高いため、ESFPとは相性が悪いです。

データアナリスト

ESFPは行動志向や実践的な活動を好む傾向があるため、複雑なデータを分析し、パターンを見つける仕事は向いていない可能性があります。

ソフトウェアエンジニア

詳細なコーディングや複雑なプログラミング作業が必要なため、また、孤独な作業が多いため、ESFPには向いていない可能性があります。

弁護士

法的な文書の作成や詳細な法律の解釈が求められるため、また、ストレス度が高いため、ESFPとは相性が悪いです。

医師、看護師

高いストレス度や長時間の勤務、詳細な情報処理、厳格なルールに縛られた環境で働く医療職はESFPの特性とは合いません。

研究者

ESFPは臨機応変さや柔軟性を活かせる環境が向いているため、孤独な研究作業や複雑なデータ分析は合いません。

ライブラリアン

ESFPは活発なコミュニケーションやアクティブな環境を好むため、静かな環境での作業や孤独な環境での仕事は向いていません。

アカデミックライター

ESFPは自由な雰囲気や創造的な活動を好むため、複雑な論文や学術的な文章の執筆には向いていません。

テクニカルサポートエンジニア

複雑な技術問題の解決や技術的な説明が求められるため、ESFPの得意とするところではありません。