ISTJの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約3分で読めます。

MBTIでISTJタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ISTJに向いている仕事

ISTJタイプの人は、ルールや手順に従う仕事、責任感が強く求められる仕事、データに基づく仕事、安定した環境が向いていると言われています。

1. 会計士

ISTJは細部に注意を払い、ルールや手順に厳密に従うことができるため。

2. 行政職員

ISTJは組織や社会システムに関するルールや規制を遵守し、着実に業務をこなすことができるため。

3. システムエンジニア

ISTJは複雑なシステムやプロセスを理解し、問題を解決するのに向いているため。

4. 製造業の管理者

ISTJはプロセスの最適化や効率化をしながら、安定性と品質を確保することができるため。

5. プロジェクトマネージャー

ISTJはタスクの割り当てや進行管理を行い、プロジェクトを着実に推進することができるため。

6. 法務関連の職業

ISTJは法的な規制や手続きに厳密に従い、的確に問題を解決することができるため。

7. ファイナンシャルアナリスト

ISTJはデータや数値を分析し、客観的な視点で投資や財務戦略を評価するのに適しているため。

8. 倉庫管理者

ISTJは在庫管理や物流プロセスの最適化、細部への注意ができるため。

9. シビルエンジニア

ISTJは建設プロジェクトの計画や監督を行い、安全性と効率性を確保するのに適しているため。

10. 医療関連の専門職(看護師、医療技師など)

ISTJは医療ルールや手順に従い、患者のケアや治療にあたることができるため。

ISTJに向いていない仕事

ISTJタイプの人は、柔軟性が求められる仕事、クリエイティブ性や革新性が求められる仕事、高い競争意識やストレスの多い環境、社交的な仕事に向いていないと言われています。

1. アーティスト、クリエイティブ職

ISTJは現実的で安定を求めるので、創造性や芸術性を重視する仕事には向いていません。自由な発想やアイデアの表現が求められる環境では、ストレスを感じる可能性が高いです。

2. マーケティングや広告業界のクリエイティブ職

これらの職種では常に新しいアイデアやトレンドに敏感である必要があり、柔軟性や創造性が求められます。ISTJは一般的に安定性や伝統的な手法を好むため、このような環境では適応が難しい可能性があります。

3. イベントプランナー、エンターテイメント業界

クライアントや参加者との関係構築や臨機応変な対応が必要な場面が多く、安定性を求めるISTJには向いていない可能性があります。

4. 営業

積極的なコミュニケーションや人間関係の構築が重要であり、柔軟性や交渉力が求められます。ISTJは内向的なため、このような環境には向いていない可能性があります。