ENFPの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約2分で読めます。

MBTIでENFPタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ENFPに向いている仕事

ENFPタイプの人は、創造性やコミュニケーション能力を活かせる仕事が向いていると言われています。

1. マーケティング

ENFPはクリエイティブでアイデアを提案するのが得意であり、マーケティング戦略の構築や実行に向いています。

2. イベントプランナー

イベントの企画や実行には柔軟性とコミュニケーション能力が必要であり、ENFPはその両方を持っています。

3. ライフコーチ

他人をサポートし、目標を達成する手助けをすることがENFPの強みです。

4. 教育者

創造性や情熱を生徒に伝えることができるため、教育分野でのキャリアも適しています。

5. カウンセラー

人間関係や心理的な問題に対して理解を示し、サポートを提供することがENFPの得意とすることです。

6. ライター、ブロガー

ENFPは自由な発想と表現力を活かして、文章を書くことができます。

7. アーティスト、クリエイティブディレクター

ENFPは芸術やデザインの分野で自らのアイデアを表現することに長けています。

8. SNS運用

ENFPはソーシャルスキルに優れており、SNSを活用したコミュニケーションやマーケティング活動に向いています。

9. コンサルタント

クライアントとの関係構築や問題解決において、ENFPの洞察力と創造性が役立ちます。

10. アクター、パフォーマー

ENFPは舞台や映画などで自分の個性や感情を表現することができるため、演劇やエンターテイメント業界にも向いています。

ENFPに向いていない仕事

ENFPタイプの人は、ルーチンワークや単調な作業、データ解析などの細かい仕事、孤独な環境、厳格なルールに縛られる仕事が向いていないと言われています。

1. 会計士

ENFPは細かい数字や詳細なデータ解析に興味を持たないことが多いため、会計士のような詳細重視の仕事には向いていません。

2. データ入力

単調な作業やルーチンワークが多いデータ入力の仕事は、ENFPの創造性や柔軟性を活かせない可能性があります。

3. 精密な手作業

細かい作業や正確性が求められる仕事はENFPの得意分野ではありません。

4. 弁護士

厳密な法律の解釈や長時間の研究が必要な法律の世界は、ENFPの自由な発想や創造性とは相性が悪いです。

5. 製造ラインの作業員

単調な作業や予測可能な環境では、ENFPの刺激を求める性格とは合わない可能性があります。