INFPの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約2分で読めます。

MBTIでINFPタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

INFPに向いている仕事

INFPタイプの人は、クリエイティブ力や自己表現力を活かせる仕事や、人々とのつながりを重視する仕事に向いていると言われています。

1. アーティスト

創造性を発揮し、感情を表現する力を発揮できます。

2. 作家

内面の豊かな世界や感情を文章に起こすことで活躍できます。

3. カウンセラー

他人の感情やニーズに対して共感し、サポートすることができます。

4. 社会福祉士

社会的な問題に関心を持ち、人々の生活を改善するために働けます。

5. 教育関連職

生徒や学生との関わりを通じて、自己表現や成長を促進できます。

6. 心理学者

人々の心理や行動に興味を持ち、理解を深めることができます。

7. イラストレーター

イラストという形で自己表現・クリエイティブ性を追求できます。

8. 精神科医

精神的な健康や幸福に関心を持ち、人々の心の健康をサポートできます。

9. 環境保護活動家

自然や環境に対する情熱を持ち、地球の未来に貢献できます。

10. マッサージセラピスト

他人の心身の健康を促進し、癒しの場を提供できます。

INFPに向いていない仕事

1. 軍人や警察官

厳格な階層構造や厳しい規律、時には暴力的な状況に直面する可能性があり、INFPの穏やかで平和を好む性格とは合わない可能性があります。

2. 計算やデータ処理がメインの仕事

INFPは感情や創造性に関心を持つため、数値やデータに基づく事務作業などが苦手な場合があります。

3. 金融業界のトレーダーや投資家

高いストレスレベルや大きなリスクを伴う環境で、結果に対する圧力が常にかかる仕事は、INFPの感受性や安定を好む性格には向かない可能性があります。

4. 技術的な専門知識が求められる仕事

INFPはしばしば創造性や感性に優れる傾向があり、技術的な詳細や複雑なデータに興味を持つことが難しい可能性があります。

5. 規則や手順が決まっている仕事

ルールや手順が決まっている仕事よりも、自由な発想や柔軟性を求められる仕事の方がINFPには向いています。