ESTJの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約2分で読めます。

MBTIでESTJタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ESTJに向いている仕事

ESTJタイプの人は、組織の中でリーダーシップを取るポジションや、組織やプロジェクトの効率性を高める役割、具体的なタスクや計画を立てて実行する仕事に向いていると言われています。

管理職

ESTJは組織を効率的に運営し、目標を達成するためのリーダーシップ力を活かせます。

プロジェクトマネージャー

ESTJはタスクを管理し、プロジェクトの進行を円滑にする強みを活かせます。

財務アナリスト

ESTJは経済的な観点からデータを分析し、戦略的な意思決定を行うのに適しています。

コンサルタント

ESTJは問題解決能力を活かし、クライアントのニーズに合わせたソリューションを提供することができます。

銀行員

ESTJは金融取引や顧客対応において、組織への適応力を発揮できます。

警察官

ESTJは秩序や規律を重視し、危機管理やリーダーシップを発揮できます。

健康管理者

ESTJは医療施設や健康機関で、効率的な運営やリーダーシップを発揮します。

教育管理者

ESTJは学校や教育機関で、組織を運営し、教育プログラムを改善することに力を発揮します。

ESTJに向いていない仕事

ESTJタイプの人は、組織的・チームで動かない仕事、柔軟性や創造性が求められる仕事、人間関係作りが主になる仕事に向いていないと言われています。

アーティスト、クリエイティブ職

ESTJは構造化された環境での作業を好むため、創造性や柔軟性が求められるアーティストやクリエイティブ職には向いていない可能性があります。

テクノロジーの研究開発

ESTJは伝統的で安定した環境を好むため、テクノロジーの研究開発などの革新性や柔軟性が求められ、不確実性の高い、変化に対応する必要のある仕事には向いていない可能性があります。

ライフコーチ、セラピスト

ESTJは実用的な問題解決や組織の管理に関心を持っているため、感情的なサポートや個人の成長、人間関係作りに焦点を当てる仕事には向いていない可能性があります。

イベントプランナー、パーティーオーガナイザー

ESTJは組織化された環境での作業を好むため、イベントプランナーやパーティーオーガナイザーなどのクリエイティブな発想、柔軟性が求められる、自由度の高い環境には向いていない可能性があります。