ISFJの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約3分で読めます。

MBTIでISFJタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ISFJに向いている仕事

ISFJタイプの人は、サポート的な仕事、細かく注意が必要な仕事、責任感の強い仕事、ルーチンワークが向いていると言われています。

看護師

ISFJは他人のケアや支援に情熱を持ち、責任感が強いため、看護師に向いています。

小学校教師

ISFJは子供たちとの関わりを楽しむことができ、彼らの成長をサポートすることに喜びを感じます。また、教育現場でのルーチンや組織的な仕事にも向いています。

社会福祉士

ISFJは他人のニーズに敏感であり、支援が必要な人々のために働くことに適しています。情熱を持って社会に貢献し、人々の生活を改善することができます。

秘書

ISFJは詳細に注意を払い、組織的な仕事に向いているため、情報管理力やスケジュール管理力が求められる秘書に向いています。

管理職

ISFJは責任感が強く、信頼される役割を担うのに向いているため、管理職としてチームをサポートし、組織内での円滑なコミュニケーションを促進するのに適しています。

図書館司書

ISFJはルーチンベースの仕事に適しており、情報を整理し、提供することに喜びを感じるため、図書館司書に向いています。

人事

ISFJは人々との関わりを大切にするため、従業員のニーズを理解し、組織と従業員の間のコミュニケーションを円滑にすることが求められる人事に向いています。

法務事務員

ISFJは詳細に注意を払い、ルーチンベースの仕事に向いているため、法律文書の作成やファイリングなどの法務事務員に向いています。

保育士

ISFJは子供たちとの関わりを楽しむことができ、彼らの成長をサポートすることに喜びを感じるため、保育士に向いています。

ISFJに向いていない仕事

ISFJタイプの人は、孤立した環境での仕事、不安定な状況や予測不可能な状況下での仕事、過度のストレスがかかる仕事、抽象的・複雑な仕事、マニュアル化されていない仕事に向いていないと言われています。

芸術家、クリエイティブ系職種

ISFJは具体的な仕事を好むため、抽象的で柔軟な思考が求められる芸術家やクリエイティブな職業には向いていない可能性があります。

エンターテイメント業界のパフォーマー

ISFJは他人との関わりを大切にしますが、大勢の目の前でのパフォーマンスや公の場で注目を浴びる仕事はストレスの原因になるため、向いていない可能性があります。

研究者、学者

ISFJは実用的で具体的な仕事を好みますが、研究者や学術的な職業は抽象的な概念や複雑な理論に基づく仕事が求められる場合があるため、向いていない可能性があります。

社長、取締役

ISFJは責任感が強く、信頼される役割を担うことが好きですが、企業のトップマネジメントは高度な戦略的思考やリーダーシップ能力、ストレス度が高いため、向いていない可能性があります。

救急医療、消防士

ISFJは過度のストレスや圧力のかかる、医療現場での救急医療や消防士などの職業は向いていない可能性があります。