PR

INTP(論理学者)の天職・適職一覧!向いてる仕事・向いてない仕事まとめ

MBTIでINTPタイプの人(16Personalitiesで論理学者タイプの人)に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

INTP(論理学者)に向いている仕事

INTPタイプの人は、強みである分析力、クリエイティブ性、自主性、独立性、論理的思考、柔軟性、好奇心を活かせる仕事が向いていると言われています。

1. プログラマー、ソフトウェアエンジニア

複雑な問題を解決し、新しいソフトウェアやアプリケーションを開発する仕事で、論理的思考と創造性を活かせます。

2. 研究者、科学者

新しい理論や発見を追求する研究職で、論理的思考と独創性を発揮できます。物理学者、数学者、統計学者など。

3. システムアナリスト

システムやプロセスの問題を分析し、改善策を提案する仕事で、分析能力と論理的思考を活かせます。

3. コンサルタント

論理的な思考と問題解決能力を活かして、クライアントの課題に対する解決策を提供することができます。

4. デザイナー

創造性を活かして、新しい製品やアートワークを生み出すことができます。

5. 大学教授

自分の興味や専門知識に基づいて研究や教育に従事する仕事で、自主性と好奇心を活かせます。

6. テクニカルライター

複雑な技術情報を分かりやすく伝える文章を執筆する仕事で、論理的思考とコミュニケーション能力が必要です。

INTP(論理学者)に向いていない仕事

INTPタイプの人は、単調な作業、ストレス度が多い環境、細かいルールが多い仕事、協調性や対人関係が重視される仕事などは向いていないと言われています。

1. 営業職

INTPは内向的であり、対人関係を築くことや他者を説得することに苦労する場合があります。そのため、営業職のように積極的な対人コミュニケーションが求められる仕事は適していません。

2. カスタマーサポート

定型的な対応や緊急時の対応が求められるカスタマーサポートは、INTPの好むところとは異なります。また、ストレスの多い状況に適応するのが難しい場合があります。

3. 会計士、税理士

細かいデータやルールに則って作業することが求められる会計士や税理士の仕事は、INTPが好む自由な思考と真逆で合わない場合があります。

4. 工場労働者

ルーチンワークや同じ作業の繰り返しを求められる工場労働者の仕事は、INTPの創造性や知的好奇心を満たすことができないかもしれません。

5. 警察官/消防士

緊急時の対応や高圧的な状況での判断力が求められる警察官や消防士の仕事は、INTPのストレス耐性や実践的な能力には向いていない場合があります。

キャリアに迷った時にはミイダスのコンピテンシー診断を受けてみるといいです。自分の適職、向いてる職場が分かるので、仕事選びで悩むことはなくなるはずです。

この記事を書いた人
マサキ

人材会社で働く4年目マーケター。新卒で倍率300倍超えの大手食品メーカーに入社するも配属ガチャでハズレを引き退社。その後、ブラック企業2社で事務→人材会社の営業→客先常駐Webディレクター→人材会社のマーケターと5回転職。利用した転職エージェントは10社以上。ハロワ転職、リファラル転職も経験あり。育休取得済。埼玉県在住の36歳男子。嫁と1児と猫2匹と暮らしています。

転職ノウハウ