INFJの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約2分で読めます。

MBTIでINFJタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

INFJに向いている仕事

INFJタイプの人は、他人の感情やニーズに敏感であり、自己成長や自己表現をする仕事、共感力や洞察力を活かせる仕事、他者貢献できる仕事が向いていると言われています。

1. 心理カウンセラー

共感力と洞察力を活かし、クライアントの心理的な支援を行う。

2. 社会福祉の専門家

社会的な問題に関心を持ち、他者の福祉や社会の改善に貢献する。

3. 教育カウンセラー

生徒の成長や発達をサポートし、学校での心理的なサポートを提供する。

4. セラピスト

個人やグループに対して、心理的な治療や支援を行う。

5. ソーシャルワーカー

困難な状況にある個人や家族に対し、支援を提供する。

6. 文学や芸術の教師

自己表現や創造性を育むことで、生徒の成長を促進する。

7. コミュニティリーダー

地域やコミュニティのニーズに応え、ポジティブな変化を促進する。

8. 心理学者

研究や臨床活動を通じて、人間の心理や行動を理解し、解決策を提供する。

9. ライフコーチ

個人の目標設定や自己成長をサポートし、ポジティブな変化を促進する。

10. 作家やアーティスト

自己表現や創造性を追求し、他者との共感や理解を深める。

INFJに向いていない仕事

INFJタイプの人は、過度に競争的な環境での仕事、単調な作業が続く仕事、個人の成長や他者への貢献が見込めない仕事に向いていないと言われています。

1. 営業、販売員

競争的な環境での成果主義がストレスを引き起こし、営業活動が不向き。

2. 証券トレーダー

ストレスが高く、協調性よりも競争心が求められるため不向き。

3. 工場労働者

単調な作業が続き、創造性や意義を求めるINFJには合わない。

4. 銀行の支店長

目標達成や売上げ重視の環境で、個人の成長や貢献が見込めないため不向き。

5. コールセンターのオペレーター

高いストレスとルーチン的な作業が多く、共感力や洞察力を活かせないため不向き。

6. 政治家

政治の世界は競争が激しく、妥協や現実的な決断が求められるため、INFJの理想主義には合わない。

7. 内科医

医療現場のストレスや患者との接触が多く、自己表現や共感が制限されるため不向き。