ISTPの適職は何?向いている仕事と向いていない仕事まとめ

PR
この記事は約2分で読めます。

MBTIでISTPタイプの人に向いている仕事と向いていない仕事をまとめています。

ISTPに向いている仕事

ISTPタイプの人は、技術的なスキルを活かせる仕事、実践的で手を動かす仕事が向いていると言われています。また、現実主義で、論理的な思考力と冷静な判断力を要する仕事、即座の行動が求められる仕事にも向いていると言われています。

エンジニア

ISTPは問題解決能力が高く、論理的な思考を持っているため、複雑なシステムや機械の解析や修理などの技術系の職種に向いています。

メカニック、自動車整備士

ISTPは物理的な作業が得意であり、機械や自動車の修理作業に適しています。

消防士、救急隊員、警察官

ISTPは冷静な判断力と行動力を要する状況で優れたパフォーマンスを発揮します。

冒険家、野外ガイド

ISTPは冒険を求める傾向があり、野外での活動や冒険に適しています。

パイロット、航空機整備士

ISTPは高い注意力と技術的なスキルを持ち合わせており、航空関連の仕事に向いています。

地理学者

ISTPは観察力が鋭く、地形や地理的な情報を分析するのに向いています。

建築家、建設関連

ISTPは手で作業することが好きであり、建築や建設関連の仕事に向いています。

スポーツトレーナー、フィットネスインストラクター

ISTPは体力に自信があり、他人を指導する仕事に適しています。

ISTPに向いていない仕事

ISTPタイプの人は、単調な事務作業、長期的な計画や戦略の立案、感情に寄り添うことを重視する仕事、繊細な精密作業、ルールや規則に縛られる仕事には向いていないと言われています。

カウンセラー、セラピスト

ISTPは感情よりも論理的な解決を好むため、感情を重視するカウンセリングやセラピストの仕事には向いていない可能性があります。

アーティスト、クリエイティブデザイナー

ISTPは実用的であり、自由な発想よりも具体的な問題解決に興味を持つ傾向があるため、クリエイティブな仕事には向いていない可能性があります。

ソーシャルワーカー

ISTPは他人の感情に共感するよりも問題解決に集中する傾向があるため、ソーシャルワーカーのような感情的な支援を提供する仕事には向いていない可能性があります。

プロジェクトマネージャー

ISTPは即座の行動を好み、長期的な計画や戦略の立案には興味がない場合があり、プロジェクトマネージャーの役割には向いていない可能性があります。

財務アナリスト、会計士

ISTPは論理的な思考に優れていますが、数値や統計の解析に興味を持たない場合があり、財務アナリストや会計士には向いていない可能性があります。