PR

Wantedlyは使える?僕の体験談とメリット・デメリットを紹介

Wantedlyは使える?評判・口コミはどう?メリット・デメリットは何? Wantedlyを使おうかどうか迷っていませんか?

結論。Wantedlyがおすすめなのは以下の人です。

・20代~30代の若手
・未経験からIT・Web系に就職・転職したい人
・ベンチャー企業やスタートアップ企業で働きたい人
・条件よりも社風重視で会社を探したい人
・新卒の就活生

未経験からのWebマーケティング転職でWantedlyを使った僕が、Wantedlyの特徴、実際に使ってみた体験談・感想、メリット・デメリット、おすすめな人を紹介します。

Wantedlyの特徴

Wantedlyの特徴は以下のとおりです。

・企業理念、社風でのマッチングがコンセプト
・IT・Web系、クリエイティブ系の求人が多い
・ベンチャー企業、スタートアップ企業、中小企業の求人が多い
・給料や待遇など条件は分からない
・企業の担当者から直接スカウトがもらえる
・カジュアル面談から始められる

Wantedlyのメリット

・未経験歓迎のITエンジニア求人が多い
・ベンチャー企業、スタートアップ企業の求人が多く見つかる
・他の転職サイトには載っていない企業と出会える
・社風とのマッチ度で求人を探せる
・求人ごとに何人応募しているのかが見える
・面接前にカジュアル面談ができる
・スカウトサイトとして使える
・働く社員の経歴が見れる

Wantedlyのデメリット

・年収、雇用形態、勤務時間など労働条件は事前に分からない
・カジュアル面談から始まることが多いので、選考ステップが増える
・大手企業の求人が少ない
・職種によっては求人がほとんどない
・プロフィールをしっかり書かないとスカウトがほとんどこない

Wantedlyを使ってみた体験談・感想

僕はWebディレクターからWebマーケターへの転職活動時にWantedlyを使いました。

僕の場合はWantedlyはスカウト媒体として使っていました。
想定通り、そこそこの数のスカウトをもらってカジュアル面談に進めていたので、スカウトサイトとしては満足でした。

スカウトを多くもらうために、プロフィールはできるだけ細かく書いて埋めること、また、ポートフォリオやスキルを独学が進むたびに更新するなど、とにかくプロフを充実させることを意識していました。

転職が決まる半年以上前からWantedlyに登録してつかいましたが、現職中だったので無駄な応募や面談は避けていました。
そういう意味では、給料などの条件面が事前にわからない点と、本選考前にカジュアル面談からスタートすることが多い点は、Wantedlyの特性を理解していたとはいえ、応募をためらうことが多かったです。

まとめ:Wantedlyがおすすめの人

結論。Wantedlyがおすすめなのは以下の人です。

・20代~30代の若手
・未経験からIT・Web系に就職・転職したい人
・ベンチャー企業やスタートアップ企業で働きたい人
・条件よりも社風重視で会社を探したい人
・新卒の就活生

Wantedlyと併せて利用を検討したいのが転職エージェントのリクルートエージェントとdoda。

リクルートエージェントはどうなの?実際に使った体験談
管理人が実際にリクルートエージェントを使った体験談とメリットとデメリットを紹介します。
dodaエージェントはどうなの?実際に使ってみた体験談
管理人が実際にdodaエージェントを使った体験談とメリットとデメリットを紹介します。

IT・Web系経験者には特化型のギークリーがおすすめです。

ギークリーはどうなの?実際に使ってみた体験談
管理人が実際にギークリーを使った体験談とメリットとデメリットを紹介します。

僕の5回の転職で役立った転職サービスの一覧は以下の記事にまとめています。

20代30代で使って良かった転職サイト・転職エージェントのおすすめ8選
5回転職した管理人が20代30代で使って良かった転職サイトと転職エージェントのおすすめベスト8を紹介します。

キャリアに迷った時にはミイダスのコンピテンシー診断を受けてみるといいです。自分の適職、向いてる職場が分かるので、仕事選びで悩むことはなくなるはずです。

この記事を書いた人
マサキ

人材会社で働く4年目マーケター。新卒で倍率300倍超えの大手食品メーカーに入社するも配属ガチャでハズレを引き退社。その後、ブラック企業2社で事務→人材会社の営業→客先常駐Webディレクター→人材会社のマーケターと5回転職。利用した転職エージェントは10社以上。ハロワ転職、リファラル転職も経験あり。育休取得済。埼玉県在住の36歳男子。嫁と1児と猫2匹と暮らしています。

転職サイト・転職エージェント