PR

真面目な人が急に辞める5つの理由

真面目な人が急に辞める理由って何?と気になっている方向け。

結論。真面目な人が急に辞める理由は5つあります→ 1.心身のギリギリまで頑張るが無理だった、2.完璧主義のため行き詰まる、3.愚痴を言ったり顔に出さないのでストレスが溜まる、4.仕事を断れずキャパオーバーする、5.会社に嫌気がさす出来事があった。

今回は5回転職した管理人が、真面目な人が急に辞める理由と、急に辞める兆候を紹介します。

真面目な人が急に辞める理由

1. 心身のギリギリまで頑張るが無理だった

真面目な人はがんばり屋なので、仕事の責任感も強く無茶なハードワークをすることがあります。それこそ、肉体やメンタルの限界ギリギリまで。でも、人間なのでそんな状態が長く続いたらカラダが持たない。で、限界突破してしまい、無理になって、辞めるというパターンです。

2. 完璧主義のため行き詰まる

完璧主義のため、仕事の枝葉の部分まで追求しすぎて、また、白黒はっきりしない判断に悩んだり、自分が気が済むまで仕事を終わらせない、答えのない壁にぶち当たったときに行き詰まる、中途半端な現状が嫌になるなどで今の状態をリセットしたくなる、で、辞めるというパターンです。

3. 愚痴を言ったり顔に出さないのでストレスが溜まる

真面目な人で愚痴を周囲に言わなかったり、顔に出さずにいつも平静を装っている人はストレスが溜まっていきます。上手くストレスが発散できない状態が続くと不満が溜まりに溜まってピークに達し、もう無理。と辞めるパターンです。

4. 仕事を断れずキャパオーバーする

真面目な人で仕事を断れないイエスマンだと、自分のキャパを超える仕事を受けてしまって、仕事を受けた手前人に助けを求められず、自分で抱え込み過ぎてしまいダウン。退職につながるケースがあります。

5. 会社に嫌気がさす出来事があった

真面目な人は会社の社風や仕事のやり方が合わない、人間関係で嫌なことがあったなどで会社や人に不信感を感じると、会社に嫌気がさして辞めることになります。

真面目な人が急に辞める兆候

1. 仕事のパフォーマンスが落ちる

以前に比べて仕事のミスが増えたり、行動量が落ちたり、集中力がない、モチベーションが低いなど、仕事のパフォーマンスが落ちると辞める前兆の可能性があります。

2. 以前のように残業しなくなる

プライベートの変化などの理由もなく、これまでは残ってバリバリ仕事をしていたのに、急に残業をしなくなったなど働き方が変わると辞める前兆の可能性があります。

3. 急に性格が明るくなる

これまで暗かったり、感情の起伏が激しくなかった人が、急に性格が明るくなったりしたら、辞める前兆の可能性があります。仕事を辞めるのが決まって開き直っているのかも。

4. 飲み会、社内行事などに参加しなくなる

急にバッタリ、会社の飲み会や社内行事などに参加しなくなるなど、付き合いが悪くなると辞める兆候の可能性があります。

5. これまでよりも休みが増える

有給消化が多くなった、欠勤が増えたなど、これまでよりも休みが増えると辞める前兆の可能性があります。

6. 急に身の回りの片づけや、マニュアルを作り始める

急に身の回りの片づけや、マニュアル、引継ぎ資料などを作り始めると辞める前兆の可能性があります。

まとめ

あらためてこの記事の結論です。真面目な人が急に辞める理由は5つあります→ 1.心身のギリギリまで頑張るが無理だった、2.完璧主義のため行き詰まる、3.愚痴を言ったり顔に出さないのでストレスが溜まる、4.仕事を断れずキャパオーバーする、5.会社に嫌気がさす出来事があった。

自分のストレス要因はミイダス(無料)のコンピテンシー診断を受けることで分かります。ミイダス(無料)は適職診断にも超おすすめなので、まだやっていない人はぜひ受けておくと良いです。

また、会社選びの際は転職会議(無料あり)などの口コミサイトを使って、社風が合うか、退職が多いなどブラックじゃないかは必ずチェックしましょう。