辞めないと思ってた人が辞める8つの理由

PR

辞めないと思ってた人が辞める理由って何? そう気になっている方向けです。

結論。辞めないと思ってた人が辞める理由は8つあります→ 1.上司や同僚、部下との人間関係が上手くいっていない、2.残業が多い、仕事量に対して給料が安くて割に合わない、3.今の会社ではやりたいことが実現できない、4.仕事にやりがいを感じられない、5.キャリアアップしたいのに成長機会がない、6.今よりも給料や条件の良い会社を見つけた、7.正当な評価が得られない、8.会社の将来性に期待できない・不安。

今回は、5回転職した僕の経験談も踏まえて、辞めないと思ってた人が辞める理由と、そんな人に見られる特徴を紹介します。

辞めないと思ってた人が辞める理由

1. 上司や同僚、部下との人間関係が上手くいっていない

まずは定番のこれ。上司・同僚・部下との人間関係が上手くいっていない・悪いなどの理由です。人間関係の悩みは一番のあるあるだと思います。僕もブラック企業でパワハラ上司に当たった時にこれで辞めました。

20代の僕が経験した壮絶なブラック企業体験談×2
20代でブラック企業2社に入ってしまった管理人の壮絶体験談を赤裸々に紹介します。※心臓の弱い方はご注意ください

2. 残業が多い、仕事量に対して給料が安くて割に合わない

これも多いやつ。残業が多い、仕事量に対して給料が安くて割に合わないという理由です。残業、休日出勤が多い会社や、ブラック企業などが原因で辞めるパターンです。僕も残業100時間以上からの脱出のために辞めました。

20代の僕が経験した壮絶なブラック企業体験談×2
20代でブラック企業2社に入ってしまった管理人の壮絶体験談を赤裸々に紹介します。※心臓の弱い方はご注意ください

3. 今の会社ではやりたいことが実現できない

今の会社ではやりたいことが実現できないという理由です。自分の中でやりたいことや目標が明確な人や、他にやりたいことが見つかった人などが該当します。
僕もこれが理由で、営業→Webディレクター、Webディレクター→Webマーケターと2回転職しました。

4. 仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられないという理由です。細かい分業制になっていて横断的な経験・スキルが身につかない、単純作業・ルーティンワークに飽きた、自分のアイディア・意見を活かせる仕事がしたいなどが原因です。

5. キャリアアップしたいのに成長機会がない

キャリアアップしたいのに成長機会がないという理由です。大企業で下積み期間が長い、上層部のポジションが埋まっていて昇進の見込みがないなど、早く成長したい人、キャリアアップ志向が強い人に見られる特徴です。

6. 今よりも給料や条件の良い会社を見つけた

今よりも給料や条件の良い会社を見つけたという理由です。平均よりも給料が低いとか、昇進しにくいなど、待遇改善のための退職です。これもあるあるですね。

7. 正当な評価が得られない

正当な評価をしてもらえないという理由です。仕事をがんばっているのに評価されなくて、モチベーションが低下したり、昇進・昇給に反映されないなどが原因です。

8. 会社の将来性に期待できない・不安

会社の将来性に期待できない・不安という理由です。会社の業績が低迷している、ビジネスモデルが時代に合っていないなど経営方針に疑問を感じる、課題を改善するのが困難or相当な時間がかかる、役員が信用できないなど、会社の将来性を感じられないのが原因です。僕は新卒で入社した大手食品メーカーで配属ガチャに外れる&将来性が不安で退職しました。

配属ガチャでハズレを引いたら転職?辞めるべき?3回外れた僕が解説
配属ガチャでハズレを引きまくってきた管理人が、配属ガチャでハズレを引いたときの対処法を紹介します。

辞めないと思ってたのに辞める人に見られる特徴

1. 挨拶をしなくなる

今の会社に見切りをつけて開き直っていて周囲からの見られ方や評価を気にしなくなるなど、挨拶をしなくなると辞める前兆の可能性があります。

2. 有給の消化日数が増える

これまでよりも急激に有給の消化日数が増えるなどの特徴があると辞める前兆の可能性があります。

3. 遅刻や早退が増える

正当な理由もなく遅刻や早退が増えるなど、勤怠が悪くなる、やる気がなく見えるなどがあると、辞める前兆の可能性があります。

4. 急に付き合いが悪くなる

今までは人付き合いが良かったのに、急に付き合いが悪くなるなど、辞める前兆の可能性があります。

5. 愚痴や不満が急に増える・減る

今までは愚痴・不満を言うことが少なかったのに急に増える、逆に急に減るなどがあると、辞める前兆の可能性があります。

6. 仕事の質や生産性が下がる

仕事のパフォーマンスが良かった人が、急に仕事の質や生産性が下がると辞める前兆の可能性があります。

7. やる気のない働き方が目立つ

会議での発言が減る、仕事の納期を守らなくなる、提出物がいい加減になる、報連相をしなくなるなど、やる気のない働き方が目立つようになると辞める前兆の可能性があります。

8. 服装や髪型など、雰囲気が変わる

新しい恋人ができた、ダイエットを始めたなどの分かりやすい理由がなく、服装や髪型などの雰囲気が急に変わると辞める前兆の可能性があります。

9. 外出が多くなる・自席が多くなるなど、仕事のスタイルが変わる

これまでよりも外出が多くなる、逆に自席にいることが多くなるなど、仕事のスタイルが変わると辞める前兆の可能性があります。

10. デスク周りが急に綺麗になる

まるで飛ぶ鳥跡を濁さずかのように、デスク回りが急に整理整頓される、綺麗になると辞める前兆の可能性があります。

まとめ

あらためてこの記事の結論です。辞めないと思ってた人が辞める理由は8つあります→ 1.上司や同僚、部下との人間関係が上手くいっていない、2.残業が多い、仕事量に対して給料が安くて割に合わない、3.今の会社ではやりたいことが実現できない、4.仕事にやりがいを感じられない、5.キャリアアップしたいのに成長機会がない、6.今よりも給料や条件の良い会社を見つけた、7.正当な評価が得られない、8.会社の将来性に期待できない・不安。

転職を考えている人は、以下の転職ロードマップもぜひ参考にしてください。

5回転職した僕が教える転職ロードマップ
5回転職した管理人が、転職を成功させるために絶対押さえるべきポイントをまとめたロードマップを紹介します。