合わない会社はさっさと辞めるべき5つの理由

PR

今の会社が合わないけどすぐに辞めてしまっていいかどうか、悩んでいませんか?

結論。合わない会社はさっさと辞めたほうがいいです。理由は5つあります→ 1.人生の満足度が下がる、2.成長やキャリアアップが遅れる、3.転職するにも早いほうが有利、4.会社の社風やルールはすぐには変えられない、5.肉体的にもメンタル的にも良くない。

今回は、5回転職した僕が、合わない会社はさっさと辞めるべき理由を5つ紹介します。

1. 人生の満足度が下がる

仕事は人生の半分近くを占めるので、会社が合わないと人生の満足度が下がり、人生がつまらなくなります。

→残業や休日出勤でプライベートの自由な時間が減る、それによって家族から不満を言われてストレスがたまる、仕事のことが頭から離れず休んだ気がしない、ストレス発散のための出費が増える、仕事で失敗続き・否定され続けてネガティブな性格になってしまったなど。

僕も20代前半でブラック企業を2社経験してかなり人生がつまらなかったのでわかりますが、会社が合わないと毎日がつまらないし、辛いだけ。良いことはなかったです。

20代の僕が経験した壮絶なブラック企業体験談×2
20代でブラック企業2社に入ってしまった管理人の壮絶体験談を赤裸々に紹介します。※心臓の弱い方はご注意ください

2. 成長やキャリアアップが遅れる

会社が合わないと、仕事が頭に入らないし、自分から勉強することがないので、成長やキャリアアップが遅れます。

→仕事に興味がない、仕事が覚えられない、業務を工夫したり改善・良いアイディアが出てこない、結果を残せないなど。

今の会社に骨をうずめるつもりなら良いですが、そうでなければ、勤続年数以外にアピールできることが少ない中身の薄いキャリアができるだけ。将来のキャリアにも影響するので考えものです。

僕も事務適性がないなか新卒から3社を経験して、仕事が身にならず、成果が上がらずキャリアを迷走した過去があります。幸い、28歳から営業→Webディレクター→Webマーケタと経験してきて、どれも自分に合っていたので、何とか軌道修正することができましたが、合う会社・仕事を選ぶことは身をもって感じています。

転職回数多い=人生終わりじゃない!僕は5回転職したから天職に就けた
5回転職して天職に出会えた管理人が、転職回数が多い=人生終わりじゃない理由と、転職回数が多い人のための転職のコツを紹介します。

3. 転職するにも早いほうが有利

年齢が上がるごとに転職が厳しくなるのはご存じのとおり。

特に未経験転職は30代以降の難易度が特段に高い。経験職種・業界への転職ならまだましですが、それでも経験年数に応じた実務経験や成果を見られるので、中身が薄いと厳しいのは変わらない。

なので、合わない会社で我慢しながら働くのは転職面で不利。転職するにも早い方が有利。

4. 会社の社風やルールはすぐには変えられない

会社の社風やルールはすぐには変えられないので、合わない会社はさっさと辞めたほうが良いことがある。

部門内のルールを変えるのはそこまで難しくはないのでトライすべき。ただ、これが会社全体や社長・経営層のマインドを変えるまでの必要があると別。困難な可能性、無理な可能性もあるので、見切りをつけたほうが良いかも。

僕も新卒で入った会社のキャリアパス、2社目のメール文化は変えられないと判断し+ブラックなど諸々も考慮して辞めた経験があります。

配属ガチャでハズレを引いたら転職?辞めるべき?3回外れた僕が解説
配属ガチャでハズレを引きまくってきた管理人が、配属ガチャでハズレを引いたときの対処法を紹介します。
20代の僕が経験した壮絶なブラック企業体験談×2
20代でブラック企業2社に入ってしまった管理人の壮絶体験談を赤裸々に紹介します。※心臓の弱い方はご注意ください

5. 肉体的にもメンタル的にも良くない

合わない会社を続けると肉体的、メンタル的に病気にかかるリスクがあります。

→仕事でミスが続いて上司に怒られて自信を無くす、仕事の効率が悪いから残業が増えて体力的にしんどい、仕事に興味がないから勉強するのもつらい、苦手な仕事を無理やり続けるからストレスが半端なく溜まる、社風や上司のやり方が合わないことがストレスなど、肉体的にもメンタル的にも害する可能性があります。

僕も事務職やブラック企業に勤めていたときは会社・仕事が合わなくて辛かったのを覚えています。ブラック2社では残業100時間オーバー、眠れない、動悸がするなどヤバい前兆まで起きていました。なので健康的に働けること。これは今でも最優先で徹底しています。

まとめ

あらためてこの記事の結論です。合わない会社はさっさと辞めるべき理由は5つあります→ 1.人生の満足度が下がる、2.成長やキャリアアップが遅れる、3.転職するにも早いほうが有利、4.会社の社風やルールはすぐには変えられない、5.肉体的にもメンタル的にも良くない。

ただ、安易に辞めるのはリスクもあるし、できれば次の転職先を決めてから辞めたほうが良いです。なので、まずは転職を見据えて準備から始めるのが良いです。

今の仕事が合っていないと感じている場合は適職診断からやり直しましょう。ミイダス(無料)のコンピテンシー診断を受ければ全147職種の中から自分に向いている仕事と向いていない仕事が10段階評価でわかるので仕事選びに役立ちます。

また、転職活動では転職エージェントをフル活用したほうが効率的&失敗しにくくなるので良いです。まずは実績のあるリクルートエージェント(無料)doda(無料)にキャリア相談してみてください。

「辞めたいけど切り出せない…」「今すぐブラック企業から脱出したい…」という場合は、退職代行サービスを使って即辞めるのもありです。退職代行ガーディアンなら東京都認証の合同労働組合が運営しているので安心です。