退職1ヶ月前に伝えたら怒られた。という時の3つの対処法

PR

退職1ヶ月前に伝えたら怒られた…、どうしよう…と困っていませんか?

結論。退職1ヶ月前に伝えて怒られた時の対処法は3つあります→ 1.法律上問題ないので気にせず退職する、2.退職日を遅らせるなど調整、3.退職代行サービスを使って逃げる。

今回は5回転職した僕が、退職1ヶ月前に伝えて怒られた理由と対処法を紹介します。

退職1ヶ月前に伝えて怒られた理由

1. すぐには後任が見つからない

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、すぐには後任が見つからないからかも。

社内の人材を異動させるにも時間がなかったり、求人を出してもすぐには後任が見つからないなどの理由で怒られた可能性があります。

2. 引継ぎが間に合わない

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、引継ぎが間に合わないからかも。

業務内容が属人化していたり、仕事内容が複雑すぎる、後任がいないなど、引継ぎが間に合わないなどが理由で起こられた可能性があります。

3. 繁忙期などタイミングが悪い

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、繁忙期などタイミングが悪いからかも。

繁忙シーズンで忙しくて退職対応どころではなかったり、退職者が続いていて会社の雰囲気が悪いなど、タイミングが悪くて怒られた可能性があります。

4. 就業規則に違反している

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、就業規則に違反しているからかも。

会社の就業規則に「退職の2ヶ月前までに申し出ること」などが書かれているケースです。退職ルールを守らないことへの怒りの可能性があります。

5. 今後を期待されていた

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、今後を期待されていたからかも。

上司が期待していた矢先の退職で計画が崩れたり、残念な気持ちになり怒られた可能性があります。

6. 個人的な怒り

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、個人的な怒りからかも。

日頃のストレスのはけ口、事務手続きが面倒くさい、自分の評価が下がることを懸念している、退職することへの嫉妬、もっと早く連絡して欲しかった、できれば引き止めしたいなど、個人的な理由で怒られた可能性があります。

7. ブラック企業などまともじゃない

退職1ヶ月前に伝えて怒られたのは、ブラック企業などまともじゃないからかも。

ブラック企業や上司がサイコパスなど、まともな思考回路じゃないために怒られた可能性があります。こればかりはどうしようもないです。

退職1ヶ月前に伝えて怒られた時の対処法

1. 法律上問題ないので気にせず退職する

民法で正社員は退職2週間前に言えば問題ないです。また、退職1ヶ月前に伝えるのは非常識な期間ではないです。なので、気にせず退職届けを提出して希望日で退職するのはありです。

ただ、できれば円満退職したほうが良いのでそこは要検討ですね。

2. 退職日を遅らせるなど調整する

円満退職をするならこれが一番。お互いに納得できる、可能な範囲で退職日を調整しましょう。

3. 退職代行サービスを使って逃げる

ブラック企業などやばい会社や、上司が怖くて話を切り出せないなどの場合は退職代行ガーディアンなどの退職代行サービスを使うのも手です。退職代行業者が自分と会社の間に入って退職手続きをしてくれるので、自分から会社に連絡を取る必要がなく、退職の一連のストレスがないのがメリットです。

まとめ:できれば円満退職しよう!

あらためてこの記事の結論です。退職1ヶ月前に伝えて怒られた時の対処法は3つあります→ 1.法律上問題ないので気にせず退職する、2.退職日を遅らせるなど調整、3.退職代行サービスを使って逃げる。

でも、僕の経験上できれば円満退職したほうが良いです。なぜなら、世間は狭いので、仕事上など、どこでまたつながるか分からないから。僕も前職など今だに繋がりがあったりします。