退職を伝えるのが早すぎるのはNG?ベストなタイミングを解説

PR
この記事は約2分で読めます。

退職を伝えるのが早すぎるのはNG?いつ言うのがベスト? そんな、退職を伝えるタイミングで悩んでいませんか?

結論。退職を伝えるのは1か月~3か月前が一般的です。ただし、退職理由によってはそれよりも早く伝えてもOKなことがあります。

今回は5回転職した僕の経験談も踏まえて、退職を伝えるのにベストなタイミングを解説します。

退職を伝えるタイミングは通常1か月前~3か月前

キャリアチェンジ、条件アップなどの通常の退職の場合、退職を伝えるのは1か月前~3か月前が一般的です。

なので、早く伝えたいときは退職の2か月前~3か月前に言えば良いです。

もっと早く退職を伝えてもいいケース

退職を3か月以上前の、もっと早く伝えても良いケースがあって、それがこちらです↓

・結婚・育児などを機に仕事を辞める(家事に専念する)
・親の介護
・遠方に引っ越す
・Uターンで地元に戻る
・地方移住する
・日本を出て海外就職する
・海外留学にいく
・年明けから起業する
・来年4月から公務員への就職が決まった など

ある種のやむを得ない退職理由の時ですね。

実際、僕は新卒で入った食品メーカーで神戸で働いていた時に、半年以上前に地元東京にUターンすると伝えて辞めました。

就業規則を守って退職を伝えるのが無難

民法では退職の2週間前までに退職申告すれば良いことになっていますが、就業規則を守って退職を伝えるのが無難です。

経験上、辞めた後も仕事でつながったり、出戻りする可能性があったり、何が起こるかわからないのでできるだけ円満退職したほうがいいです。

できれば退職を伝えるを避けたい時期

できれば退職申告を避けたい時期があって、それは次の2つ。

・繁忙期
・担当プロジェクトの期間中

上司も人間なので、忙しかったり、中途半端なタイミングで相談すると機嫌を損ねて怒られたり、退職引き止めに合う可能性があります。

なので、可能な限り上司の機嫌が良さそうな時に相談するとスムーズです。

以下の関連記事もお役立てください。

退職1ヶ月前に伝えたら怒られた。という時の3つの対処法
5回転職した管理人が、退職1ヶ月前に伝えて怒られた理由と対処法を紹介します。
退職を2ヶ月前に伝えるのは非常識?確実&円満退職する方法
5回転職した管理人が退職を2ヶ月前に伝えるのが非常識なのか、確実に退職する方法、円満退職するためのポイントを紹介します。