仕事に行きたくない理由がわからない時の7つの対処法

PR

仕事に行きたくない理由がわからない…、対処法が知りたい… そう悩んでいませんか?

結論。仕事に行きたくない時の対処法は7つあります→ 1.思いきってまとめて休む、2.家族や友人に相談する、3.転職活動を始めて気持ちを未来に向ける、4.自己分析をやり直して自分の長所を再認識する、5.今の会社に担当変更や部署異動ができないか相談してみる、6.考え方を変えてポジティブなマインドを持つ、7.「仕事はそういうもの」と割り切ってプライベートを充実させる。

今回は5回転職した僕が、仕事に行きたくない理由がわからない時の原因と対処法を紹介します。

仕事に行きたくない理由として考えられること

1. 仕事のプレッシャーやストレスでメンタルが参っている

仕事の責任が重い、ケアレスミスでも命取りになる仕事、納期が短い、その場その場でのスピーディーな判断が求められるなど、仕事のプレッシャーやストレスでメンタルが参っている可能性があります。

2. 仕事のやりがいがない、仕事が向いていない

仕事が楽しくない、仕事に興味がなくて全く頭に入ってこない、自分はルーティングワークが向いていない、デスクワーク/外回りが向いていないなど、仕事のやりがいがない、仕事が向いていないなどの可能性があります。

仕事が向いてないサイン!見切りをつけるタイミングを経験者が解説
仕事が向いてないかも。そんな時の対処法を5回転職した管理人の経験談から解説します。

3. 激務で休みが取れないなど忙しすぎて体力的にきつい

毎日終電、深夜残業、泊まり込み、有給も取れないなど、激務で休みが取れないなど、忙しすぎて体力的にきつい可能性があります。

4. 職場に嫌な人がいて拒絶反応が出ている

上司や同僚、他の部署など一緒に仕事をする人の中に嫌味を言ってくる人がいる、キレやすい人がいる、理不尽な注文ばかりする人がいるなど、職場に嫌な人がいて拒絶反応が出ている可能性があります。

5. 上司からのダメ出しや仕事でミスが続いてモチベーションが落ちている

毎日上司に怒られている、仕事で同じミスを繰り返しているなど、上司からのダメ出しや仕事でミスが続いてモチベーションが落ちている可能性があります。

6. 通勤時間が長い、通勤ラッシュが辛いなどの通勤ストレス

思っていたよりも通勤時間が長い、通勤電車で座れない、満員電車が辛いなどの通勤ストレスが原因になっている可能性があります。

7. 給料や待遇の不満が溜まっている

世間一般よりも給料が低い、友達の会社は住宅手当やランチ代が出るのにうちにはないからモチベーションが下がるなど、給料や待遇の不満が溜まっている可能性があります。

仕事に行きたくないときの対処法

1. 思いきってまとめて休む

まずは思いきってまとめて休みましょう。仕事や今後のことを考える前に、まずはメンタル・体力を回復させることが重要です。サイアク、元気があれば何でもできるんですから。溜まっている有給を消化する、振休を使うなどしましょう。

2. 家族や友人に相談する

悩んだときは一人で抱え込まないこと。これは何をしてても同じ。家族や友人などに相談しましょう。

その時、できれば自分と同じ心境で苦労したことがある人、転職で苦労してきた人に相談できるのが一番良いです。ネットで「ブラック企業 体験談」「事務 辞めたい」「営業 辞めた」などで検索してみて個人ブログの体験記などを探してみるのも良いです。

20代の僕が経験した壮絶なブラック企業体験談×2
20代でブラック企業2社に入ってしまった管理人の壮絶体験談を赤裸々に紹介します。※心臓の弱い方はご注意ください

3. 転職活動を始めて気持ちを未来に向ける

僕の経験上、今の仕事で悩んだ時には、未来に目を向けると驚くほど気持ちが楽になることがあります。なので、自己分析をやり直す、自分がやりたい職業を探してみる、転職サイトに登録してみる、転職エージェントに相談してみるなど、転職活動を始めてみるのはかなりおすすめです。

よければ僕が書いた転職ロードマップも参考にしてください。

5回転職した僕が教える転職ロードマップ
5回転職した管理人が、転職を成功させるために絶対押さえるべきポイントをまとめたロードマップを紹介します。

4. 自己分析をやり直して自分の長所を再認識する

メンタル的に落ち込んでいる、仕事へのモチベーションが下がっているなど、自分の長所をあらためて見つけましょう。過去に自己分析をしたことがあると思いますが、時間が経った今、仕切り直しで自己分析をやり直すのがおすすめです。

自己分析にはミイダス(無料)のコンピテンシー診断と、リクナビNEXT(無料)のグッドポイント診断がおすすめです。

ミイダスのコンピテンシー診断は当たる?結論:超当たる
5回転職した管理人が、ミイダスのコンピテンシー診断を実際に受けた結果と、メリット・デメリットを詳しく紹介します。
グッドポイント診断は当たる?実際にやってみた結果
グッドポイント診断の特徴、メリット・デメリット、僕がやってみた結果、活かし方、おすすめの人を紹介します。

5. 今の会社に担当変更や部署異動ができないか相談してみる

もし上司や人事・総務などに相談できそうなら、今の仕事の担当変更や部署異動ができないか、理由とともに相談してみましょう。相談しても必ず改善されるとは限らないですが、ダメ元くらいの気持ちで聞いてみて、他の対策も並行して進めましょう。

6. 考え方を変えてポジティブなマインドを持つ

失敗ではなく「大きな経験ができた」、誰に褒められなくても「自分で自分を褒める」、前向きな言葉を意識して使うなど、ものの見方を変えてポジティブなマインドを持つ方法があります。とはいえ状況の深刻度や性格的な向き不向きもあってすぐに変えられることは少ないかもしれませんが、どんな会社、どんな仕事でも必ず苦しい・ネガティブな場面にぶち当たるので、その時に備える意味でも少しずつ思考回路をポジティブ変換していくのはおすすめです。

僕も20代で仕事で悩んでいた時には、偉人の名言や、ポジティブになれる心理学などの本を読んで実践する、を繰り返していました。

7. 「仕事はそういうもの」と割り切ってプライベートを充実させる

仕事は仕事、仕事はきついから仕事なんだ、と割り切る方法です。これも考え方を変える方法で有効です。ただし、必ず、趣味、スポーツ、恋愛など何でも良いのでプライベートを充実させることに集中してください。何でも良いので仕事のことを考えない時間を作れればOKです。仕事なんて二の次くらいに思えるくらいの、寝不足になるくらいの、熱中できるものがあるとベストです。

僕は最近だとサウナが好きなので、煮詰まったり、仕事に追われてるなと感じた時はサウナと水風呂に3セット入ってととのうようにしています。サウナは熱さと自分との闘いなので、後半戦は仕事のことを考える余裕なんかないです(笑) サウナ後のご飯は最高に旨いし、ぐっすり眠れるしかなりおすすめですよ。

まとめ:紹介した方法を試してみて!

あらためてこの記事の結論です。仕事に行きたくない時の対処法は7つあります→ 1.思いきってまとめて休む、2.家族や友人に相談する、3.転職活動を始めて気持ちを未来に向ける、4.自己分析をやり直して自分の長所を再認識する、5.今の会社に担当変更や部署異動ができないか相談してみる、6.考え方を変えてポジティブなマインドを持つ、7.「仕事はそういうもの」と割り切ってプライベートを充実させる。

仕事に行きたくない時は、まずは今回紹介した7つの方法を試してみてください。一番大事なのは休んで体力・気力を回復することを忘れずに。