人手不足で仕事を辞めさせてくれない時の3つの対処法

PR
この記事は約3分で読めます。

仕事を辞めたいのに、人手不足だから辞めさせてくれない… そう悩んでいませんか?

結論。人手不足で仕事を辞めさせてくれない時の対処法は3つあります→ 1.まずは円満退社を目指す、2.退職届を内容証明で提出する、3.退職代行サービスを使う。

今回は上記3つの方法を具体的に説明します。

1. まずは円満退社を目指す

まずは円満退社を目指すことが重要です。

よほど会社が嫌になっていたり、次の転職に影響するなどの理由で強行突破してでも辞める必要がなければ、今後のことも考えてできるだけ円満退社しておくのが安心です。実際、今後も仕事を一緒にする可能性があることや、出戻りする可能性があるからです。

法律(民法 第六百二十七条1項)では、正社員の場合、退職日の2週間前までに退職意思を伝えれば良いことになっていますが、会社のルールに沿って退職したほうが角が立たないです。就業規則を確認してみましょう。

一度退職を断られている場合でも、あらためて上司にはっきりと退職意思を伝えましょう。次の会社が決まっていないなど今すぐ辞める必要がないと思われると引き止められる可能性が高いので、退職の意思が固いことを伝えた上で、退職届を出すのがポイントです。

円満退職にするためには、可能な限り退職日を後ろ倒しにするなど、調整すると良いです。

退職1ヶ月前に伝えたら怒られた。という時の3つの対処法
5回転職した管理人が、退職1ヶ月前に伝えて怒られた理由と対処法を紹介します。
退職を2ヶ月前に伝えるのは非常識?確実&円満退職する方法
5回転職した管理人が退職を2ヶ月前に伝えるのが非常識なのか、確実に退職する方法、円満退職するためのポイントを紹介します。

2. 退職届を内容証明で提出する

退職を拒否された、退職届を受け取ってもらえないという場合、退職届を内容証明で提出する方法があります。この方法なら確実に2週間で辞めることができます。

ちなみに内容証明とは、「いつ、どんな文書が、誰から誰あてに差し出されたのか」ということを証明する郵便サービスで、退職届を提出した事実・日付の記録が残ります。

法律上、正社員の場合は退職意思を伝えて2週間後に辞めることが可能なので、内容証明で退職届を提出した日から2週間で確実に辞めることができるという訳です。

デメリットは、退職までの人間関係が悪化したり、在籍期間の過ごし方が気まずくなる可能性が高いこと。なので、できれば円満退社に持っていきたいところ。あとは、次に紹介する退職代行も検討してみましょう。

3. 退職代行サービスを使う

直接話をしたくない、気まずい思いをしたくないという場合は、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

退職代行サービスを使うと、退職代行業者が自分と会社の間に入って全ての退職手続きを代行してくれるため、サービス利用時点から会社と話をする必要がなくなり、希望日で退職できます。

つまり、退職代行業者に「明日辞めたい」「残りの有休10日を使った上で、〇月〇日付で退職したい」などと伝えれば、あとはその通りに業者が会社に交渉&諸々の手続きをしてくれます。会社からの貸与品も郵送で返すなど、会社と接することなく退職できるので、ストレスなく辞めることができます。退職で悩んでいる人は利用する価値ありです。

退職代行サービスは流行っているので色々ありますが、退職代行ガーディアンは労働組合が運営していて365日対応、かつ低価格なので、コスパ良し&安心して利用できます。