初めての転職が怖い・不安な時の7つの対処法

PR
この記事は約4分で読めます。

初めての転職が怖い…、不安… と悩んでいませんか?

結論。初めての転職が怖い・不安な時の対処法は7つあります→ 1.転職活動は3か月以上前から始める、2.自己分析からやり直す、3.転職の軸を具体化する、4.転職経験者に相談する、5.ホワイト企業であることを確認する、6.過去1年分の口コミをチェックする、7.現職中に転職先を決める。

今回は5回転職した僕の経験談から、初めての転職が怖い・不安という時の対処法を紹介します。

1. 転職活動は3か月以上前から始める

転職するまでの期間は通常1か月~3か月、長いと半年くらいはかかります。

転職したいがために焦って転職活動をすると、自己分析や企業研究がおざなりになって、失敗しやすくなるなり、良いことがないです。なので、転職までに最低3か月以上の余裕をもって転職活動をすることで転職で失敗しにくくなります。

2. 自己分析からやり直す

ほとんどの人が新卒で自己分析していると思いますが、社会人になって実際に働いてみたことで、仕事の価値観やキャリアの方向性など、少しでも変化があるはずです。

実は、僕は初めての転職で自己分析をせずに、新卒のときと同じ価値観で転職先を決めて失敗しました。なので、今このタイミングであらためて自己分析をゼロベースでやり直すことで、転職で失敗しにくくなります。

自己分析をするのに僕のおすすめは、全147の職種から自分に向いてる仕事と向いていない仕事がわかるミイダス(無料)のコンピテンシー診断です。

ミイダスのコンピテンシー診断は当たる?結論:超当たる
5回転職した管理人が、ミイダスのコンピテンシー診断を実際に受けた結果と、メリット・デメリットを詳しく紹介します。

3. 転職の軸を具体化する

なんとなくのイメージで転職、今の会社が嫌だから転職、今より条件が良いから転職、というふわっとした状態で転職すると、入社後に「こんなはずじゃなかった」と失敗します。

僕の場合、業界や職種への自分の適性をよく調べずに、自分には事務が合っているだろうという思い込みと、給料や勤務地などの条件に目が行き失敗しました。

なので、業界への興味、職種への興味、仕事内容への興味、給料、休日・勤務時間・勤務地などの働き方など、最低限の転職の軸を具体的に決めて転職活動をすることで転職の失敗を減らすことができます。

4. 転職経験者に相談する

転職経験者の話を聞いたり、相談することで、成功体験や失敗体験を自分に活かすことで、転職に失敗しにくくなります。

自分と似たような経歴で、かつ、仕事の価値観が合う友人だとベスト。相談先は大いに越したことはないです。転職をしてもしなくても転職エージェントは利用できるので、キャリアの相談相手として話を聞きに行ってみるといいです。

僕の使った転職エージェントのおすすめは以下にまとめています。

20代30代の転職で使って良かったサイト&エージェントのおすすめ8選をランキングで紹介
5回転職した管理人が、20代30代の転職で使って良かったおすすめサイト・エージェントを紹介します。

5. ホワイトであることを確認する

興味がある会社がホワイトかどうかを、データをもとに世の中の平均値と比べて見ておくことで、転職で失敗しにくくなります。

以下の記事に年間休日、残業時間、平均年収、離職率、平均勤続年数などのチェックリストをまとめているので参考にしてください。

ホワイト企業チェッカー!ホワイト企業を見分ける7つのチェックリスト
5回転職した管理人が、ホワイト企業を見分けるための7つのチェック項目を紹介します。この記事を読んでホワイト企業を見分けてください!

6. 過去1年分の口コミをチェックする

興味がある企業の直近1年分の口コミで、やばい口コミがないか確認しておくと、転職で失敗しにくくなります。

口コミは基本的に退職者が書いていることが多いのでネガティブな内容が多いですが、違法なことをしていたり、パワハラやセクハラがあるなど、流石にこれはやばいな、ということがないかをチェックすることは重要です。

転職口コミサイトは沢山あるので併用するのが良いです。僕は[転職会議(無料)をよく使っていました。

転職会議の口コミは使える?使った感想とメリット・デメリットを紹介
転職会議の特徴、メリット・デメリット、僕が使った感想まで紹介します。

7. 現職中に転職先を決める

現職中に転職先を決めることで、「後がない不安感からの焦り」がなくなり、転職で失敗しにくくなります。

焦って良いことはないです。特に転職は人生がかかっているので、心に余裕を持って進めることが大事です。