転職した方がいいサイン8選をランキングで紹介

PR
この記事は約4分で読めます。

仕事がつまらない…、成長を感じられない…、会社の経営に不満がある… そんな疑問ありませんか?

この記事では、5回転職した僕がこれまでに感じた「転職した方がいいサイン」を8選、ランキング形式で紹介します。

第1位 仕事が原因で眠れない、体調不良が出ている

僕はこれがNo1でした。ブラック企業2社で働いたときに、常に仕事に追われていて眠れない、パワハラ上司、残業が多いなどが原因で動悸がするなど体に異変が起こり、さすがにこのままだとやばいと思って退職しました。

20代の僕が経験した壮絶なブラック企業体験談×2
20代でブラック企業2社に入ってしまった管理人の壮絶体験談を赤裸々に紹介します。※心臓の弱い方はご注意ください

第2位 パワハラ・セクハラなど労働環境がブラック

僕はブラック企業2社でパワハラ上司に当たりました。

職場環境が悪いと全然仕事が楽しくないし、最悪体に不調が出る。早めの改善や脱出が必要です。

第3位 信頼できる上司や仲間がいない

僕が5回転職して感じたのが、仕事は何をするのかも大事ですが、それと同じくらい誰と働くかが大事だと言うことです。

信頼できる上司や同僚、後輩がいないと仕事が捗らないし、モチベーションが下がったり、孤独感や不信感を感じたりと、良いことがないです。

第4位 朝起きて会社に行くのが辛い

朝起きて会社に行くのが辛いのは結構やばい状態。人間関係や会社自体への不満・アンマッチがピークに達する手前です。僕もブラック企業2社で会社に行きたくないところから始まって、その後、寝れなくて体力がヘトヘト、動悸がする、などの体調不良が出ました。。

第5位 他に明確なやりたいことが見つかった

僕は営業→Webディレクターへの転職と、Webディレクター→Webマーケターへの転職の2回でこれを経験しました。一旦次の目標に熱が入ると、そっちのほうに気持ちが向かってしまって、現職に集中できなくなるんですよね。

それに気づいたら早めに転職活動をスタートしましょう。

第6位 仕事がつまらない、やる気が出ない

仕事がつまらない、やる気が出ないと感じたら転職時かもしれません。

僕は新卒で入った食品メーカーで物流管理の仕事に配属されてこの状態に陥りました。仕事内容に全く興味が持てなくて毎日先輩に愚痴る日々だったし、仕事も熱が入らないのでなかなかインプットできない、スキルがつかないなど負の連鎖。この状態になったら転職の考え時です。

配属ガチャでハズレを引いたら転職?辞めるべき?3回外れた僕が解説
配属ガチャでハズレを引きまくってきた管理人が、配属ガチャでハズレを引いたときの対処法を紹介します。

第7位 成長や出世のチャンスがない

成長や出世のチャンスがないと感じたら転職時かもしれません。

このまま仕事を続けてもスキルや実績が作れないし、上層部が多くてポジションの空きが出ない・評価制度が曖昧など、出世のチャンスがないと感じて不満を抱くことも。

僕も新卒入社した会社でこれを感じました。そして実際、第二新卒の転職活動では経験・スキルが評価されずに書類選考から苦戦しました。。

第8位 会社の経営方針に不信感がある

会社の業績が悪い、経営陣の考え方に疑問があるなど、会社の経営方針に不信感を持ったら転職時かもしれません。

僕は1社目の会社で入社前に地元で働けると聞いて、実際の配属で関西にされて「話が違う」と入社早々に会社不信になった経験があります。で、勤務中はずっと引きずって過ごしていましたね。

まとめ

あらためてこの記事のまとめです。僕がこれまでに経験した「転職した方がいいサイン」の8選がこちら↓

1位:仕事が原因で眠れない、体調不良が出ている
2位:パワハラ・セクハラなど労働環境がブラック
3位:信頼できる上司や仲間がいない
4位:朝起きて会社に行くのが辛い
5位:他に明確なやりたいことが見つかった
6位:仕事がつまらない、やる気が出ない
7位:成長や出世のチャンスがない
8位:会社の経営方針に不信感がある。

いずれかに当てはまるようなら、転職の考えどきかもしれません。限界突破してしまう前に対策を取りましょう。

自分のストレス要因や相性の良い上司・部下を知るにはミイダス(無料)のコンピテンシー診断を受けてみると良いです。

ミイダスのコンピテンシー診断は当たる?結論:超当たる
5回転職した管理人が、ミイダスのコンピテンシー診断を実際に受けた結果と、メリット・デメリットを詳しく紹介します。

転職には以下の記事も併せてご覧ください。

5回転職した僕が教える転職ロードマップ
5回転職した管理人が、転職を成功させるために絶対押さえるべきポイントをまとめたロードマップを紹介します。