新規会員登録で48時間、企業の口コミが見放題!転職会議

未経験からWebディレクターに転職するために必要なことまとめ

31歳未経験でWebディレクターに転職した僕が、未経験からWebディレクターに転職するための転職ノウハウをご紹介します。

Webディレクターは未経験から転職できるの?

「そもそもWebディレクターは未経験から転職できるのか」ですが、答えは可能です。

別業界・別職種出身者がWebディレクターになるキャリアというのはWeb業界ではよくある話です。

実際、僕自身、人材業界の営業職からWebディレクターに転職しました。

未経験OKのWebディレクター求人は結構ある

未経験OKのWebディレクター求人は結構あります。

WebディレクターはWebの制作現場の責任者的な仕事ですが、「自分で手を動かして作る」というよりも「WebデザイナーやWebエンジニアに作ってもらうことを管理する」ことの方が多いからです。

「作るスキル」よりもリーダーシップ、マネジメント、調整力、交渉力、提案力といった「ビジネススキル」が求められることが多いです。

Webディレクター未経験でもこれまでの社会人経験から身につけたビジネススキルを活かして働くことができるので、未経験OKの求人が多いです。

(もちろん会社によっては、Web業界やWeb制作に関する専門知識、デザインやフロントエンドの制作経験が求められることもあります)

30代未経験からでもWebディレクターになれる

Webディレクターは30代未経験からでも転職できます。

僕は31歳のときに未経験からWebディレクターに転職しました。

人材会社での法人営業職から完全未経験のWebディレクターへの転職でした。

当時の転職エピソードはこちらの記事に書いています。

30代未経験からWebディレクターになった話
僕が30代未経験からWebディレクターになった話を紹介します。僕は31歳の時に人材会社の営業職からWebディレクターに転職しました。

Webディレクターになるまでのキャリアパス

Webディレクターになるまでのキャリアパスは、未経験からいきなりWebディレクターになるパターンや、未経験からまずはWebディレクターアシスタントとして働いて経験を積んでからWebディレクターになるパターン、WebデザイナーやWebエンジニアを経験してからなるパターンなどが一般的です。

  • 未経験からいきなりWebディレクターになる
  • まずはWebディレクターアシスタントから始める
  • WebデザイナーなどWeb系職種を経験してからWebディレクターになる など

僕は未経験からWebディレクター(入社後1か月だけWebディレクターアシスタントを経験)に転職しました。

Webディレクターとはどんな仕事か?をよく理解する

未経験からWebディレクターに転職するためにはWebディレクターの仕事についてよく理解しておくことが重要です。

どんなコンテンツを扱っている会社で働くのか、どんな業務を担当したいのか、Webディレクターにはどんなタイプがあって「自分はどんなWebディレクターになりたいのか」をイメージできるようにしておくことが重要です。

面接で「どんなWebディレクターを目指しているか?」はよく聞かれます。

Webディレクターとは?

Webディレクターとは、Webサイトや記事/画像/動画などのコンテンツ、SNS、アプリ、Webサービスなどを作って運用する仕事です。

WebディレクターはWeb全般に関わる現場監督的な仕事とイメージしておくと良いです。

Webディレクターは会社やプロジェクトによって業務範囲や役割が広いからです。

WebデザイナーやWebエンジニアに制作を依頼して自身は品質や納期を管理するケース、Webディレクター自身がデザインやコーディング、Webマーケティングをするケース、複数のWebディレクターを率いて大型案件を進めるケースなどさまざまです。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容は多岐に渡ります。

作るモノ、業務領域、Webディレクターの種類、役割/仕事の進め方、事業会社/制作会社での働き方の違いについておさえておきましょう。

僕が未経験でWebディレクターに転職してから4年目の現在までの仕事内容についてはこちらの記事に書きました。

Webディレクターの仕事内容(未経験で転職〜4年目の現在まで)
僕が未経験でWebディレクターに転職してから4年目の現在までに経験してきたWebディレクターの仕事内容を紹介します。

作るモノ

Webディレクターが作るモノはWebにまつわるコンテンツ全般です。

  • 企業のコーポレートサイト
  • LP
  • ECサイト
  • 情報メディア
  • Webサービス
  • Webシステム
  • アプリ
  • 広告
  • SNS
  • 動画 など

業務領域

Webディレクターは担当する業務のカバー範囲が広いため、主担当となる業務領域が次のように分かれることがあります。

  • 企画/プランニングフェーズ
  • デザインフェーズ
  • システム開発フェーズ
  • 運用フェーズ
  • マーケティング など

Webディレクターの種類

担当領域によって「何系」のWebディレクターなのか呼び方が変わります。

  1. マーケティング・企画系Webディレクター
  2. デザイン・アート系Webディレクター
  3. システム系Webディレクター
  4. 運用管理系Webディレクター
  5. 営業系Webディレクター

役割/仕事の進め方

WebディレクターはWeb制作の現場監督的なポジションです。

クライアントの窓口や制作物の品質管理、プロジェクトの進捗や予算、メンバーの管理を担うのが一般的です。

※会社の規模やプロジェクトによってWebディレクター自身がデザインやコーディングを任されることもあります

Webディレクターの仕事はWebプロデューサーやWebデザイナー、Webエンジニアとプロジェクト単位でチームを組んで仕事を進めるのが一般的です。

プロジェクトの数が多い場合、複数のチームに所属して案件を進めることもあります。

事業会社/制作会社

Webディレクターは事業会社、制作会社のどちらかで働くことになります。

  • 事業会社:主に自社サイト/コンテンツの制作全般を担当
  • 制作会社:主にクライアントのサイト/コンテンツの制作全般を担当

勤務先は自社オフィス/客先常駐のいずれかのパターンがあります。

僕も客先常駐2社、自社勤務1社とどちらも経験しています。

おすすめWebディレクターツール

Webディレクターはスケジュール管理やデザイン、デバッグ、SEOツールなど多くのツールを使います。

Webディレクターがよく使うツールをこちらの記事にまとめました。

おすすめWebディレクターツール一覧
おすすめWebディレクターツールを一覧にまとめました。スケジュール管理・タスク管理/ファイル共有/ドキュメント作成/デザイン・ワイヤーフレーム・プロトタイプ作成/SEOなど。

Webディレクターは楽しくやりがいがある

Webディレクターは楽しくやりがいがある仕事です。

Webディレクターは会社やプロジェクトによって任される役割が色々です。

クライアント対応や品質管理、納品対応など大変な面もありますが、その分楽しさ・やりがいも多い仕事です。

WebディレクターはRPGの主人公。だから楽しいしやりがいがある。
Webディレクターは楽しいしやりがいがある仕事です。WebディレクターはRPGでいうなら主人公。

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターに必要なスキルは、リーダーシップ/コミュニケーション能力などのヒューマンスキルと、Web制作/Webマーケティング/コンテンツ作りなどのテクニカルスキルがあります。

  • ヒューマンスキル
  • テクニカルスキル

ここではWebディレクターに必要なテクニカルスキルを紹介します。

Web制作スキル

ホームページやLPなどを作るWeb制作スキルはWebディレクターとして働く上での基本スキルです。

  • Webデザイン
  • コーディング/プログラミング
  • ドメインに関する知識
  • サーバーに関する知識
  • セキュリティに関する知識 など

最近はECサイト、Webサービスなどが人気どころです。

Webマーケティングスキル

アクセス解析、サイト改善や、市場調査からのコンテンツ作り、SEO対策、SNS運用、広告運用などのWebマーケティングに関するスキルがあると重宝されます。

  • アクセス解析
  • サイト改善
  • LP改善
  • フォーム改善
  • UI/UX改善
  • SEO対策
  • SNS運用
  • 広告運用 など

コンテンツ作りに関するスキル

記事、画像、動画、SNSなどのコンテンツ作りに関するスキルもコンテンツマーケティングにおいて重要です。

  • ライティング
  • 画像作成
  • 動画編集
  • SNS投稿
  • コンテンツ編集 など

Webディレクターの将来性は高い

Webディレクターは次の理由から将来性が高いです。

  • 人の仕事、生活、娯楽にWebはなくてはならない
  • WebディレクターはWeb全般に関わる仕事である
  • WebディレクターはWeb制作プロジェクトの司令塔 など

Webディレクターの年収

Webディレクターの平均年収は442万円です。

全職種の平均年収が409万円、クリエイティブ系職種全体の平均年収が381万円なので、Webディレクターの平均年収は高いと言えます。

Webディレクターの年代別の平均年収は次のようになっています。

  • 20代 365万円
  • 30代 462万円
  • 40代 527万円
  • 50代~ 542万円

引用:平均年収ランキング2020年版

未経験からWebディレクターを目指す際の転職活動のポイント

未経験からWebディレクターに転職する場合、将来性をアピールできると内定がぐっと近づきます。

Webディレクターはクリエイティブ職種であり、実力主義のWeb業界の仕事であることから、未経験の場合は自分のWebディレクター適正を示すとともに、成果物をポートフォリオにまとめて提出するのがポイントです。

Webディレクターに向いていることをアピール

Webディレクターに向いていること/適正があることをアピールしましょう。

WebディレクターはWeb制作の現場監督。
WebデザイナーやWebエンジニアとチームを組んでプロジェクトを進める仕事です。

そんなWebディレクターには次の強みがあると活かせます。

  • リーダーシップ
  • マネジメント力
  • コミュニケーション能力
  • 調整力
  • 提案力 など

詳しくはこちらの記事にまとめています。

Webディレクターに向いている人の特徴11・向いていない人の特徴4
Webディレクターに向いている人の特徴を11個、Webディレクターに向いていない人の特徴を4個紹介します。Webディレクターへの転職を考えている方は必見です。

強みを見つける

自分の強みを発見するためにグッドポイント診断を受けてみると良いです。

自己分析診断の『グッドポイント診断』を分かりやすく解説
自己分析診断の『グッドポイント診断』について分かりやすく解説します。グッドポイント診断とは?、特徴、診断できる強み、合う人、やってみた感想、メリットなどを紹介します。

Webディレクターの面接対策

面接ではWebディレクターならではの特有の質問をされることがあるのでしっかり対策しておきましょう。

くわしくはこちらの記事をご確認ください。

Webディレクターの面接対策(未経験の場合も解説)
Webディレクターの面接対策について、よくある質問と回答例、面接のポイント、逆質問の仕方について徹底解説します。これからWebディレクターの面接を控えている方はぜひお役立てください。

Webディレクターの志望動機

Webディレクター未経験の場合の志望動機は次のテンプレを使うと簡単です。

  1. Webディレクターに興味をもったきっかけを伝える
  2. その企業を選んだ理由を伝える
  3. 前職の活かせる経験や独自の取り組みを伝える

くわしくはこちらの記事を見てください。

Webディレクター未経験者の志望動機の書き方・伝え方(例文あり)
未経験からWebディレクターに転職するときの志望動機の書き方・伝え方を例文付きで解説します。1Webディレクターに興味をもったきっかけを伝える、2その企業を選んだ理由を伝える、3前職の活かせる経験や独自の取り組みを伝える。

Webディレクターの履歴書の書き方

Webディレクターの履歴書の書き方のポイントはこちらの記事にまとめています。

Webディレクターの履歴書の書き方
Webディレクターの履歴書の書き方を解説します。履歴書は「会いたい」と思ってもらうことが重要です。経験・スキル・キャリアビジョン・熱意などで魅力を伝えましょう。

Webディレクターの職務経歴書の書き方

Webディレクターの職務経歴書の書き方のポイントはこちらの記事にまとめています。

Webディレクターの職務経歴書の書き方
Webディレクターの職務経歴書の書き方を解説します。職務経歴書の目的は自分に興味を持ってもらって面接に呼んでもらうこと。冒頭の印象を大切に、見出し・箇条書きだけ読んでも魅力が伝わるようにして「会いたい」と思わせる。職務経歴書の書き方って、実はLPの作り方と同じなんです!

Webディレクターのポートフォリオの作り方

勉強したり、作ったりしたものはポートフォリオに成果物としてまとめて、企業に提出しましょう。

  • ワイヤーフレーム
  • Webデザイン(企業サイト、LP、バナー)
  • コーディング/プログラミング
  • アクセス解析
  • SEO対策
  • 広告出稿
  • SNS運用 など

ポートフォリオを作ることは積極性、熱意を伝える意味でも有効です。

ポートフォリオの作り方はこちらの記事にまとめています。

Webディレクターのポートフォリオの作り方(未経験の場合も解説)
Webディレクターのポートフォリオの作り方を解説します。ポートフォリオとは?から、作り方のポイント、Webディレクター未経験の場合の作り方まで詳しく紹介します。

未経験からWebディレクターになるための勉強法

何から始めればいいか分からない人や、いろいろ試しながらキャリアの方向性を決めていきたい人はまずはブログを作るところから始めるのがおすすめです。

未経験からWebディレクターになるための勉強方法についてこちらの記事にまとめています。

未経験からWebディレクターになるための勉強法
未経験からWebディレクターになるための勉強法を紹介します。Webデザイン、プログラミング、SEO対策、Webディレクション、セミナーや勉強会を探せるサイト、仕事を受けながら勉強する方法など。

Webディレクターにおすすめの転職サイトと転職エージェント

未経験からWebディレクターを目指している人は総合型の転職サイト・転職エージェントと特化型の転職サイト・転職エージェントを併用すると転職活動がスムーズです。

まずは求人を多く手に入れることが重要なので、可能な限り転職サイト・転職エージェントに登録しておきましょう。

Webディレクターにおすすめな転職サイトと転職エージェントはこちらの記事にまとめています。

未経験OK!Webディレクター向けおすすめ転職サイトと転職エージェント
未経験もOK!なWebディレクター向けおすすめ転職サイトと転職エージェントを一覧で紹介します。Webディレクターへの転職にお役立てください。