PR

Webマーケティングスクールは意味ない?失敗しない使い方まとめ

Webマーケティングスクールに通おうか迷ってるけど、Webマーケティングスクールは意味ない?お金の無駄? そんな噂を聞くけどどうなの?そんな疑問がある人向けです。

結論。Webマーケティングスクールの意味は使い方次第で決まります。上手く使えば最短でWebマーケターに転職できるし、副業で稼げるようになります。逆に、上手く使えなければ10〜50万円の大金と時間を無駄にするだけです。

そこで今回は、現役Webマーケターの僕が、Webマーケティングスクールの意味ない使い方と、失敗しない使い方についてまとめました。

Webマーケティングスクールの意味ない使い方

1. そもそもWebマーケティングに興味がないのに通う

「流行ってるから」「人に勧められたから」など、Webマーケティングスクールに通うきっかけとしてはよくあること。でも、そこからWebマーケティングに興味を持たないままにスクールに通うのは意味がない。なぜなら、Webマーケティングは専門用語も多いし、計算とか数字も扱うし、仕組みの理解やWeb全般の知識も必要になるし、相当量の学習時間の確保も必要だから。「楽しい」と思えないと苦痛でしかないです。

2. 転職や副業など目的がないのに通う

転職、副業、独立したいなど、Webマーケティングスクールに通って何を達成したいのか? 目的がないのに通っても身につかないし、卒業後も活かせないので意味がない。数十万円の高い授業料がかかるし、学習時間の確保も必要なので、お金にも時間にも余裕がある人の暇つぶしならいいかもですが、普通の人にはぶっちゃけ勿体なさすぎる。

3. スクールの選び方で失敗する

自分のやりたかったWebマーケティングが十分に学べなかった…、座学ばかりで実践が少なかった…、対面で質問できないスクールだった…、転職サポートがほとんどなかった…など、スクールの選び方を間違えると意味ないです。自分の中の目的やゴールが曖昧だったり、スクール情報を調べるのがめんどくさがりな人や、時間がなくて焦って決める、授業料が安いだけで選ぶ、スクールを比較検討しないなどが失敗の原因。

4. カリキュラムが古いスクールに通う

授業内容が古いスクールは意味がない。というのも、SEOとかSNSとか広告とかGAとか、Webマーケティングの世界はとにかく情報の変化・進化が早いので、1年前の情報ですら古くて使えないことが多々ある。なので、最新情報で教えてくれるWebマーケティングスクールを選ばないと損します。

5. スクール外で努力しない

スクールに通うだけで満足してしまうのは意味がない。なぜなら、Webマーケティングは結局、どれだけ実践したことがあるかが大事だから。現場や案件ごとにベストなやり方や結果が変わるから、自分で試行錯誤して苦労した経験や、上手くいった成功体験がないと、実務で歯がたたない。

失敗しないWebマーケティングスクールの使い方

1. 自分のWebマーケティング適性を知っておく

Webマーケティングに向いていないと辛いし覚えられないので、そもそも自分がWebマーケティングに向いているのかどうか?は知っておいた方がいい。Webマーケティング適性を調べるにはミイダスのコンピテンシー診断を受けて企画職適性を見れば分かります↓

»ミイダス

2. 明確な目的を持つ

明確な目的を持ってスクールに通うことです。人生を変えるために転職したい!とか、副業で月5万円稼ぐスキルを身につけたい!とか、Webマーケティングスクールに通うには、目的が具体的で、モチベーションが高い状態の時が一番身になって良いです。

3. 自分の目的に合うスクールを選ぶ

自分の目的に合うスクールを選びましょう。最低限、自分は転職・副業など何のためにスクールを使うつもりなのか?SEO、Web広告運用、SNS運用など、どんなWebマーケティングを身につけたいのか?を決めた上でスクールを選ぶこと。どのWebマーケティングスクールでも無料相談をしているので、いくつか目星をつけた上で事前によく話を聞いて、自分に合っているか?を見極めた上で選んだほうがいいです。

4. 最新カリキュラムが学べること

最新情報が学べるスクールを選びましょう。研修カリキュラムの更新日や、新着講座、動画講座の配信日など、各スクールの紹介ページを見て、どんな最新技術が学べるのか?がはっきり分かるスクールを選んだほうがいいです。

5. スクール外の実践に力を注ぐ

スクールで習っただけでは実務では歯が立たないので、スクール外の実践に力を注ぎましょう。実務では自分一人で実行することが求められるから。スクールで勉強したことを自分でサイトを立ち上げて1から再現してみる、習ったことを応用して成果が出るか試してみるなど、最後は自分一人でやることが大事。

まとめ:Webマーケティングスクール選びは慎重に!

あらためてこの記事の結論。Webマーケティングスクールの意味ある・なしは使い方次第。上手く使えば最短でWebマーケターに転職できるし、副業で稼げるようになります。逆に、上手く使えないと10〜50万円の大金と時間を無駄にするだけです。

くれぐれも、この記事で紹介した意味のない使い方だけはしないように注意です。大金を、そして、人生の大切な時間を無駄にしないために・・・!

Webマーケターになるためのロードマップはこちら。

Webマーケターになるには?未経験からの転職ロードマップ
現役Webマーケターの管理人が、未経験からWebマーケターになるにはどうしたらいいのか?をロードマップ形式で解説します。

キャリアに迷った時にはミイダスのコンピテンシー診断を受けてみるといいです。自分の適職、向いてる職場が分かるので、仕事選びで悩むことはなくなるはずです。

この記事を書いた人
マサキ

人材会社で働く4年目マーケター。新卒で倍率300倍超えの大手食品メーカーに入社するも配属ガチャでハズレを引き退社。その後、ブラック企業2社で事務→人材会社の営業→客先常駐Webディレクター→人材会社のマーケターと5回転職。利用した転職エージェントは10社以上。ハロワ転職、リファラル転職も経験あり。育休取得済。埼玉県在住の36歳男子。嫁と1児と猫2匹と暮らしています。

Webマーケティング