Webマーケティングが胡散臭い・怪しい理由

「Webマーケティングは胡散臭い・・・」
「Webマーケってなんか怪しい・・・」

そう思ってる人も多いのでは?
僕も会社員Webマーケターながら、普段SNSなどを見ててそう思います(笑)

そこで今回は、Webマーケティングが胡散臭い理由と、正しいWebマーケティング情報の見分け方について書いてみます。

Webマーケティングが胡散臭い・怪しい理由

自慢話が多い

まずはこれ。

「アフィリエイトで月収6桁」
「SNSのフォロワー数1万人」
「年収◯千万円」

・・・とかとか、とにかく自慢話が多い。

実績を出すには分かりやすくて良いですが、伝え方が悪い人だったり、裏付けがなくてホントかよ・・・、となったり、いろんな場所で稼いでるアピールされると胡散臭さが出てくるし、くどい、うざい・・・と、冷めますよね・・・笑

誰でも簡単に稼げると言い張る

これまた怪しいですよね笑

「誰でもできる」
「スマホ1台でできる」
「テンプレだから簡単」

こんな謳い文句がよく聞くやつ。

そして、SNSでよく見かけるのがこれ↓

「ブログは1記事だけでOK、SEO無視して、1日1時間のSNS運用だけで、1か月で◯十万稼げる」

んまー、オプション購入やら追加コンサルやら営業されるだけなので、やめておいたほうがいいです。

当たり前ですが、簡単に儲かる話など「ない」ですから。

人間的に何かギラギラしてる

これは、金持ちアピールしてる人のことです。

「大量の札束画像」
「南国のバカンス風景」
「大勢の仲間との集合写真」

・・・など。

金持ち感、リア充感を全面にギラギラして出してる人。
僕はかなり苦手です(笑)

突然DMを送ってくる

これをやられて気分を害さない人はいるんでしょうか?
というぐらい嫌なやつ。

人的に無理ですね。

TwitterのDMでよく来ますけど、即ブロック案件、です笑

煽ってくる

「今すぐ始めないと後悔するよ」
「24時間だけの特別料金」

・・・など、ブログやLPで多いんですけど、違和感があったり、その人の信用性がないと胡散臭いんですよ。

専門用語を多用してくる

聞き慣れない専門用語を多用してくる人は胡散臭い。

「クリエイティブ」
「リード」
「ナーチャリング」

Webマーケティングは専門用語が多いのは確か。
でも、難しい横文字を並べて会話してくる人は胡散臭いです。

高額商材を売ってくる

「数10万円の情報商材」
「月にうん万円のオンラインサロン」
「うん万円する有料セミナー」

など、高額商品を売ってくる人のことです。

有益なノウハウ・情報とはいえ、高すぎる商材を売ってくる人は胡散臭いですよね。

すぐにLINE登録を勧めてくる

そんなに接点もないのに、すぐにLINE登録を勧めてくる人は胡散臭いです。

囲い込みはWebマーケティングの常套手段ですが、プロフィールや実績がよくわからない「あなた誰ですか?状態」でLINE登録を勧められると胡散臭く感じます。

眉唾なWebマーケティング施策を勧めてくる

これはWebマーケティング会社に関することですが、

  • 「SEOに強くするために被リンクを売るよ」と言ってくる(昔からあるやつ)
  • 「サブディレクトリを貸すと儲かるよ」と言ってくる(最近話題のやつ)
  • 「良いレビュー・口コミを書くよ」と言ってくる(さくら)

・・・など。

お金を対価としたリンクやディレクトリの間貸し、口コミなどはペナルティ対象。

うまい話には乗らないことです。

信頼できるWebマーケター/Webマーケティング会社とは?

ここまでWebマーケティングが胡散臭い理由をお話ししてきました。

では、信頼できるWebマーケター/Webマーケティング会社とはどんな特徴があるのか?

結論、次のことを教えてくれる人/会社を選べば安心です。

  • メリットとデメリットの両面を教えてくれる
  • リスクも教えてくれる
  • 企業名、売上げ、管理サイトなど実績が見て分かる
  • 業界・業務知識がある
  • 自分で実際にやっている(机上の空論ではない)
  • コミュニケーションが謙虚、誠実

Webマーケティングは業界・業種によってやり方が変わるし、難易度が変わります。
100%うまくいくことなんてないし、デメリットもある。

そして、Webマーケティングは万能ではありません。

なので、Webマーケティングのメリットはもちろん、デメリットまで教えてくれる人/会社だと安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました