Webマーケティングに年齢は関係ない理由

「Webマーケティングに年齢は関係ある?」
「Webマーケティング転職は何歳までできる?」

今回はこんな疑問がある人向け。

結論から言って、Webマーケティングに年齢は関係ないです。
なぜなら、Webマーケティングは実力主義だから。

ただ、未経験から転職するには採用のポイントをおさえておくことが大事。

この記事ではWebマーケティングに年齢が関係ない理由と、年代別の転職時のポイントについて書いてみます。

Webマーケティングに年齢は関係ない理由

Webマーケティングに年齢は関係ない理由、それは、Webマーケティングは実力主義だから。

SNSマーケティングがめちゃめちゃ得意な学生起業家から業界歴20年のベテランSEOコンサルまで、多くのWebマーケターがいます。

個人レベルで見ても、年齢に関係なくアフィリエイトやWebマーケコンサル、有料商材販売などで稼いでる人・活躍している人は沢山います。

Webマーケティングは年齢に関係なく仕事をすることができます。

未経験からWebマーケターに転職するなら30代前半までは手堅い

未経験からWebマーケターに転職するなら、30代前半までは転職できる可能性が高いです。
実際、僕も33歳未経験からWebマーケターになりました。

30代未経験でWebマーケティング転職できる?【結論:できます】
33歳でWebマーケターに転職した僕が、30代未経験でWebマーケティング転職するためにやるべきことを解説します。

数は多くないですが30代後半・40代で未経験からWebマーケターになった人の話も聞く話。
40代からでも諦めることはないです。

ただし、当然ながら年齢が高いほど職務経歴と個人レベルで取り組んだWebマーケティング実績が求められるので、しっかり準備することが大事です。

Webマーケティング転職で年代別に求められること

Webマーケティング転職をする際に、年代別に求められることをおさえておきましょう。

20代前半まで

職歴の浅い20代前半まではやる気・熱意が重視されます。
ポテンシャル採用がメインになります。
会社への定着率が懸念されることがあるため、転職回数は少ない方が有利です。

この年代は若いので完全未経験でも採用される可能性が高いですが、個人でWebマーケティングをやった経験があった方が有利なので、Webマーケティングの実践はしておきましょう。

20代後半〜30代前半

社会人経験を積んできた20代後半〜30代前半では、前職の業務実績が求められます。
会社への貢献度が見られるからです。
Webマーケターに活かせる営業経験、企画経験、Web系の業務経験などがあると有利です。

また、それと同時に、個人でのWebマーケティングの実績が求められます。

なので、最低でも3か月、できれば1年くらいの期間を想定したWebマーケティングの実績作りをしっかりしておくことが重要です。

30代後半・40代・50代

30代後半・40代・50代は、まずは前職の業務実績とマネジメント経験をアピールしましょう。

Webマーケティング一本の実務担当者を狙うのはかなりハードルが高くなるので、Webディレクターや経営企画・広報・採用・人事などのWebマーケティングを業務の一環として行う職種を狙ったり、マネジメント経験を生かした管理職ポジションを狙うとより可能性が高まります。

言わずもがな個人でのWebマーケティングの実績作りはしっかりとしておきましょう。
まずは副業で実績を作るのも良いです。

Webマーケティングの始め方

Webマーケティングを始めるには独学かスクールで勉強する方法があります。

独学かスクールか、自分に合ったほうで始めればOKです。
なるべく早くWebマーケターになりたい場合はWebマーケティングスクールに通うのが早いです。

以下の記事も参考にしてください。

【ロードマップ】Webマーケティングを独学で身につける勉強方法(無料あり)
Webマーケティングを独学で身につけるためのロードマップを現役Webマーケターが徹底解説します。
Webマーケティングスクールの比較一覧表【おすすめ7選】
Webマーケティングスクールの比較一覧表を作りました。「転職の叶いやすさ」「やりたいこと」「コスパ」「通学のしやすさ」の4つの目的別の選び方も紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました