ここが楽しい!Webマーケティングの魅力・やりがい7選

僕が感じるWebマーケティングの魅力・やりがいは7つあります。

  1. 仮説検証を繰り返すゲーム性の高さ
  2. 自分で考えたアイディアを実行できる裁量権の大きさ
  3. 経営に直結する仕事であること
  4. 正解がなく、やりこみ度が高い
  5. 自分の取り組んだ成果が数字で分かる
  6. あらゆる仕事に活かせる専門的なスキルが身につく
  7. Webマーケティング経験があると転職・副業しやすい

この記事では、僕が感じるWebマーケティングの7つの魅力・やりがい、そして、僕がWebマーケティングをしていて楽しい!と感じる場面について紹介します。

この記事を読めばWebマーケターで働くメリットが分かるはず!

【結論】Webマーケティングの魅力・やりがい・楽しさ

Webマーケティングの魅力・やりがい・楽しさは7つあります。

  1. 仮説検証を繰り返すゲーム性の高さ
  2. 自分で考えたアイディアを実行できる裁量権の大きさ
  3. 経営に直結する仕事であること
  4. 正解がなく、やりこみ度が高い
  5. 自分の取り組んだ成果が数字で分かる
  6. あらゆる仕事に活かせる専門的なスキルが身につく
  7. Webマーケティング経験があると転職・副業しやすい

順番に説明します。

1.仮説検証を繰り返すゲーム性の高さ

Webマーケティングは仮説を立てて実行・検証することをひたすら繰り返すゲーム性の高さがやりがいです。

絶えず出てくる課題に対して、現状分析と戦略決定を行い、実際にやってみて、その結果を考察。
そして、次の戦略を考えて実行する・・・。
時に難易度の高い課題が立ちはだかり、困難に打ち伏しがれたり、時に逃げる場面もある・・・。

たとえて言うならRPGゲームをプレイしているような感じでしょうか。

僕はWebマーケティングの仕事をしていて、このゲーム性の高さにやりがいがあります。

2.自分で考えたアイディアを実行できる裁量権の大きさ

Webマーケティングは自分で考えて実行できる裁量権の大きさにやりがいがあります。

Webマーケティングは自分のアイディアを企画に落とし込んで提案するところから始まります。
提案書を作って、プレゼンして、OKが出たら施策を実行する。
チームで仕事をすることも多いですが、自分単体でプロジェクトを進めることも多いです。

Webマーケティングは自分で考えたことを形にできるところにやりがいがあります。

3.経営に直結する仕事であること

Webマーケティングは経営に直結する仕事であることがやりがい。

Webマーケティングの目的として多いのが、「売上を上げたい」「問い合わせを増やしたい」「会員登録数を増やしたい」「人材を採用したい」「企業イメージをアップしたい」など。
どれも経営に直結するものばかりです。

しかも、Webマーケティングは周囲に与える影響力が大きく責任が大きな仕事です。
そのため、一歩間違えればすぐに炎上、トラブルに発展する危険性をはらんでいます。
信頼性のある情報を発信できているか、コンテンツはユーザーのことを思って作られているか、相手に失礼がないか、など細心の注意が必要です。

このように、Webマーケティングは自分の仕事が企業のビジネスに大きく影響していることを感じられる仕事。
この点に非常にやりがいがあります。

4.正解がなく、やりこみ度が高い

正解がなく、やりこみ度が高いのがWebマーケティングのやりがいです。

Webマーケティングには、「これをやれば必ず成果が出る」という正解はありません。
デザインでも、SEOでも、広告運用でも、SNSでも、メルマガでも…。

すでに他社で成功例がある施策を流用したとしても、業界の違いや、企業の認知度、評判、強み、これまでの取り組みなど、さまざまな理由から上手くいく保証はないです。

おまけに、トレンドも、人々の生活も、ユーザーの行動もどんどん進化している世の中。
多くの要因が絡んでいるので、やってみないと「どうなるか」はわかりません。

そういう意味で、Webマーケティングは難しいとも言えます。

Webマーケティングは効果を1%でも上げるために、企画を練りに練って、トライして、検証、そして改善。
これをひたすら繰り返す仕事です。

RPGでラスボスを倒した後に、モンスター集めとか、レベル上げとか、新しい技を覚えたり、武器を錬成したり、ジョブチェンジするとか、やることが尽きないような、そんな感覚です。

Webマーケティングのやりこみ度の高さにやりがいがあります。

5.自分の取り組んだ成果が数字で分かる

自分で取り組んだ成果が数字で分かるのがWebマーケティングのやりがいです。

Webマーケティングは自分の仕事の結果が数字で明確に分かります。
たとえば、施策を行った日を基準に、前年比〇〇%なのか。

指標となる数値はPV、UU、滞在時間、直帰率、セッション数、CTR、CV数など多くありますが、どれも白黒つきます。
自分の仕事の成果が数字ではっきり分かるのがWebマーケティングの良いところです。

ただ、逆もまた然り。
施策がハマらず前年割れするケースなどでは毎回ヒヤヒヤ。
上手くいかなかった原因の追求と対策を考えるのに苦労す場面もあります…(苦笑)

6.あらゆる仕事に活かせる専門的なスキルが身につく

あらゆる仕事に活かせる専門的なスキルが身につくのがWebマーケティングの魅力です。

WebマーケティングはSEO、広告、SNS、動画、メール、アクセス解析、サイト改善、デザイン、プログラミング、Webマーケティングツールの使い方など、専門スキルが身につきます。

加えて、マーケティング的な企画の立て方、市場調査の仕方、数字で結果を測ること、改善策の練り方、などの思考法は非常に合理的で戦略的。
これらのスキルは業界やビジネスモデルを問わず応用できるものばかり。

仕事を通してどんな仕事にも活かせる専門スキルが身に付くのがWebマーケティングの魅力です。

7.Webマーケティング経験があると転職・副業しやすい

Webマーケティング経験があると転職・副業しやすいのがWebマーケティングの魅力です。

Webマーケティング経験があるとキャリアの選択肢が広くなります。
WebディレクターやWebコンサルタントなどの他のWeb系職種への転職や、事業会社のWebマーケター、経営企画などを始めとして多くの選択肢があります。

また、Webマーケティングは副業がしやすいのも魅力です。
個人でSEOコンサルティングや広告運用を請け負ったり、副業人材として会社を掛け持ちすることもできます。

Webマーケティングはスキルを磨けば磨くほどキャリアも収入も上げられる点が魅力的です。

クライアントから感謝されるのもやりがい

Webマーケティングはクライアントから感謝されるのもやりがいの1つです。

「サイトをリニューアルしてお客さんからも社内からも評判が良いよ、ありがとう」
「この前提案してもらったメルマガ施策が当たってすごく問い合わせが増えたよ、ありがとう」

など、「当たり前のこと」ですが日常的に感謝されることが多い仕事かなと思います。
誰かに感謝されるのはシンプルに嬉しいものです。
働く上で強いモチベーションになります。

Webマーケティングはクライアントから感謝される、やりがいのある仕事です。

僕がWebマーケティングをしていて楽しい・面白いと感じる時

僕の場合は、まず、自分で考えた企画で思い通りの成果が出たときに楽しい!と感じます。

Webマーケティングは自分発信で企画を考えていく仕事なので、大なり小なりかなりの数の企画を考える仕事です。
前例なしにゼロから企画する場合などは2~3か月くらい時間がかかることもあります。
また、Webマーケティングは失敗することも多い。
なので、考えに考え抜いた施策で思った通りの成果が出たときはとても嬉しいし、やりがいを感じます。

また、目標を達成するために戦略を練って、手を動かしているときも楽しいです。
たとえば、「ホームページからの新規問い合わせを増やしたい」という目標があった場合に、現状分析や競合サイトの調査から始めて、最も効果的な施策案を考える→サイトのデザイン修正やコンテンツ作りなどを実行する、という過程がやっていて面白いですね。

逆にWebマーケティングの大変なところ

Webマーケティングで1番大変なところは、結果が数字で求められるところです。

Webマーケティングは実力主義の仕事、かつ、取り組んだ結果が全て数字で明確に分かります。
この点はWebマーケティングのやりがいでもある反面、結果を出さないといけないプレッシャーや責任感を感じる点は苦労するところです。

他には、正解が見つからなくて行き詰まった時や、クライアントに実力以上の成果を期待された時、Webマーケティングだけでは解決できないことまで期待された時、などは大変ですね。

ただ、この辺は日常の人間関係作りでカバーできることも多いです。
普段から上司やチームメンバー、クライアントとこまめにコミュニケーションを取って信頼関係作りをしておくと、困った時に助けてくれたり、フォローしてくれます。
困った時はお互い様の精神が大事です。

よくある質問

Webマーケティングの働き方・仕事内容

Webマーケティングの働き方・仕事内容には主に次の5つがあります。

  1. 【企画・戦略立案】市場調査・競合サイト調査、ペルソナ設計、コンテンツ企画・立案
  2. 【集客施策】SEO、Web広告運用、SNS運用
  3. 【コンバージョンを増やすための施策】LPO、EFO、UI/UXデザイン
  4. 【効果検証・改善】アクセス解析、ヒートマップ分析
  5. 【リピーター獲得のための施策】メールマガジン・LINE配信、SNS運用

Webマーケターの仕事内容について詳しくはこちらの記事に書きました。

Webマーケターの5つの仕事内容を解説(僕の1日の流れも紹介)
Webマーケターの仕事内容は5つあります。この記事では現役Webマーケターの僕の経験も踏まえて解説します。

Webマーケティングに向いてる人

Webマーケティングに向いている人の特徴は、人の行動心理に興味がある人、論理的に考えることが好きな人、数字が好きな人などです。

Webマーケティングに向いてる人・向いてない人の特徴一覧!適性診断あり
Webマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴を一覧化しました。適性診断も用意したのでぜひやってみてください。

Webマーケティングは未経験だと厳しい?

Webマーケティングは知識ゼロ・経験ゼロの「完全未経験」だと厳しいです。

個人レベルで何かしらWebマーケティングをやった経験、そこでの成果が求められます。

Webマーケティングは未経験だと厳しい?【結論:完全未経験は難しい】
Webマーケティング転職は知識ゼロ・経験ゼロの完全未経験だと厳しいです。その理由と解決策を紹介します。

Webマーケティング業界やめとけ説は本当?

Webマーケティング業界やめとけ説は実際どうなのか?について以下の記事で解説しています。

Webマーケティング業界やめとけ説は本当?【結論:やってみないと分からない】
Webマーケティング業界やめとけ説は本当なのか?現役Webマーケターの僕の経験から解説します。
タイトルとURLをコピーしました