人手不足の職場がやばい8つの理由

PR
この記事は約3分で読めます。

5回転職した僕が、人手不足の職場がやばい理由を8つ紹介します。

1. 仕事の負荷が大きく激務できつい

人手不足の職場は仕事の負荷が大きく激務できついです。

・毎日残業は当たり前
・休日出勤も当たり前
・休憩時間もまともに取れない
・雑談する暇もなく働く など

→この状況が続くと体力・メンタル共にきついです。

残業30時間はホワイト?ブラック?月間平均残業時間の目安を紹介
5回転職した管理人が、月間平均残業時間のデータ、ホワイトな残業時間の目安、データを見るときの注意点、調べ方までをまとめました。

2. 代わりがいないから有休が取れない

人手不足の職場は代わりがいないから有休が取れないです。

有給で休んだとしても仕事の連絡がきたり、四六時中メールチェックする羽目に。会社に、仕事に、身を捧げる働き方になってしまいます。

仕事で代わりがいないから休めない時の4つの対処法
5回転職した管理人の経験談を元に、仕事で代わりがいないから休めない時の対処法を4つ紹介します。

3. 社員の心に余裕がなく、職場の雰囲気が悪い

人手不足の職場は社員の心に余裕がなく、職場の雰囲気が悪いです。

・会話がなくなる
・挨拶すらしない
・他人に興味がなくなる
・いつもイライラしている
・悪口、暴言が増える
・周囲の人や物に当たる など

→精神衛生上良くないので、もうムリ。と限界が来る前に対策しましょう。

精神的に限界な時の退職理由の伝え方!退職時、転職活動時の状況別に紹介
退職を切り出す時、転職活動時と、それぞれの状況別に退職理由の伝え方を紹介します。

4. 十分な教育・研修が受けられない

人手不足の職場は十分な教育・研修が受けられないです。

初めての仕事の場合、スキルが身につかず、仕事は見よう見真似で覚えるしかないのでストレス度が高いです。

いちいち聞かないと教えてくれない時の5つの対処法
5回転職した管理人が、いちいち聞かないと教えてくれない時の5つの理由別の対処法を紹介します。

5. 芋づる式に連鎖退職が起こる可能性が高い

人手不足の職場は芋づる式に連鎖退職が起こる可能性が高いです。

人が減ってさらに業務負荷が増えてきつい、優秀な人から辞めていくのを見ていると会社の今後が不安になる、などの悪い連鎖が起こる可能性があります。

人が辞めていく会社の10の末路!退職ラッシュで崩壊する職場の特徴
5回転職した管理人が、人が辞めていく会社の末路を10個紹介します。退職ラッシュで崩壊する職場の特徴を知りたい人必見。

6. 口コミなどで悪い噂が広がると新人が入ってこない

人手不足の職場は口コミなどで悪い噂が広がると新人が入ってこないです。

口コミサイト、Googleマップ、SNS、個人ブログなど、簡単に噂が広がる時代なので、まずは自分が書かれないようにご注意を。

7. 辞めたくても辞められない雰囲気が漂っている

人手不足の職場は辞めたくても辞められない雰囲気が漂っています。

辞めると言いづらい、退職引き止めされてる現場を見たなど、辞められないのはストレス度が高いです。中途半端な気持ちだったり、退職の伝え方のシミュレーションができていないと辞めづらくなります。何より、決意を固めて退職を伝えることが大事です。

退職を切り出す勇気がない時の6つのチェックポイント
5回転職した管理人が、退職を切り出す勇気がない時のチェックポイント・対処法を6つ紹介します。

自分で退職を伝えるのが厳しければ、退職代行ガーディアンなどの退職代行サービスを使うのも手です。

8. サイアク倒産する

人手不足の職場はサイアク倒産します。

会社=人なので、人手が足りず経営が回らなくなったら倒産することになります。特にIT化が遅れている会社や、対面サービスや手作業、人海戦術で成り立っている業種などは人手不足による倒産リスクが高いです。